症例マドレーヌ―苦悶から恍惚へ

制作 : 松本 雅彦 
  • みすず書房
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622072973

作品紹介・あらすじ

19世紀末、力動精神医学の第一人者ジャネを震撼させた女性「マドレーヌ」。その数奇な生涯、豊かな宗教妄想、苦悶と恍惚、治癒までを綿密に綴る古典的名著。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 結構面白いです

  • 宗教的な、古典的な妄想症患者の症例。本当はもっと大部の本らしいが、その冒頭部分だけのようだ。
    したがって、ジャネがこの症例をどう論じたのかわからない。
    ふつうに対話を続けているうちに、なぜか患者は治ってしまうのだが、そのへんの経緯もよくわからない。
    ただ、キリスト教的な幻想体系における、神秘的な妄想症状のドキュメントとして興味深かった。

  • 事実は小説より奇なり。このような精神療法の報告書を 日本の一主婦が読むことができる、そのことにまず感謝というか感動というか。私の知らない世界はまだまだ広くて深いことを実感しました。

全3件中 1 - 3件を表示

ピエール・ジャネの作品

ツイートする