福島の原発事故をめぐって―― いくつか学び考えたこと

著者 :
  • みすず書房
3.95
  • (23)
  • (34)
  • (16)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 245
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (114ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622076445

作品紹介・あらすじ

一刻もはやく原発依存社会から脱却すべきである-原発ファシズムの全貌を追い、容認は子孫への犯罪であると説いた『磁力と重力の発見』の著者、書き下ろし。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 福島の原発の災害をどうして招くことになったのか、その淵源を原子力爆弾の開発、さらには産業革命以前にまでさかのぼるなどさすがの一言につきる。ただここで書かれていることに賛成もするのだが、原子力推進派にはなかなか届かない言説になっている。
    これは山本氏に限らず反原発、脱検発の言い分が原発推進者にとどかないのと同じなのである。
    だからと言ってこの本の価値が減じることはない。この本の言い分が届かないという現状から出発しないと何もかわらないことが本当に日本人が考えるべきことなのである。
    産業界が力をもちすぎたことが 一つの悪夢の始まりだが、産業界に距離をおくひとに産業界の歯車をとめる力は生まれない。
    省エネを叫んでも、エネルギー消費社会の舞台からそでに身をひくだけで
    舞台ではあいかわらず乱痴気騒ぎ。
    そして客席からいかにやじっても舞台は舞台ですすむ。
    論理的か、実証的な、説得的かも関係がない。

    放射性廃棄物の廃棄場所も、原発作業者の疾病も、福島の人の移住も関心のない人にはぜひ読んでほしい。

    難しいことを優しく書いているので 読みとばし危険です。

  •  原発反対を主張している。さらっと読んでしまったので、もう一度ゆっくり読みなおしたい。

  • YouTubeで公演の動画など見かけるが、若者に負の遺産を残していることを相当気にされている様子。

  • 原子力発電
    東日本大震災

  • ボリュームはあまりないし、内容も悪くはないのだけれど、ちょっと退屈だったかなぁ。期待が大きすぎたかも。

  • 山本義隆氏の本を読みたかった。
    探してみると、本書が見つかった。
    薄い本である。しかも原発に関する書である。
    今まで私なりに原発や核兵器に関して、本を読んできた。
    氏の原発に対する考え方を知りたかった。浪人生時代を思い出し、あらためて生徒になった。
    先生の言葉を聴き逃すまいと、一文一文ゆっくり読んだ。原発は外交カードであったことを知り、目から鱗が落ちた。先生の知識量に圧倒された。また、先生の正義感と誠実さと優しさも感じられて嬉しかった。
    先生は20年前と少しも変わっていなかった。
    柔らかい表情の奥に光る野武士のような目の輝きを思い出した。

  • 原子力を巡る産官学の癒着、原発導入までの経緯など、今では人口に膾炙されているものも多いが、この本が書かれたの2011年8月で、311から半年たらずのこと。
    冷静な筆致で科学的、社会的な原発の問題点を指摘する。
    100ページに満たない本であるが、濃密であった。
    イデオロギーを排して読みたい。

  • 略歴には載ってないが,著者は東大全共闘の元議長。当然原発を批判する。まず原発導入の経緯を概観。岸信介をはじめとする戦後日本の支配層が,潜在的核兵器保有国となり国際的発言力を高めるという倒錯した論理で推進したと総括し,糾弾。
    著者は物理学をやっていて,科学史に関する著書もある。近代社会の最大の発明は科学技術,というのが持論らしく,その科学技術は核エネルギーの解放をもって破綻へ突き進んでいると論じる。科学技術とは,単に科学と技術ではなくて,科学理論という客観的法則の生産実践への意識的適用としての技術。
    技術は当初理論に先駆けて発達してきたが,原子力に至って完全に逆転。原爆は百パーセント学者の頭脳のみから導き出され,原発はその副産物として得られた。ここにはじめて科学理論に領導された純粋な科学技術が生まれたことになる。
    しかしその科学技術の成立には巨大な権力が必要不可欠だった。人間に許された限界を超えた暴走が,怪物的権力によって引き起こされてしまった。福島の惨状も,政官財一体となった権力が何の掣肘も受けずに突っ走った結果。そして本書は次の一文で結ばれる。
    「こうなった以上は、世界中がフクシマの教訓を共有すべく、事故の経過と責任を包み隠さず明らかにし、そのうえで、率先して脱原発社会、脱原爆社会を宣言し、そのモデルを世界に示すべきであろう。」
    権力というものがなくなると,確かに原発なんかの大規模な科学技術は不可能になるんだろうが…。

  • 立ち位置がぶっちゃけ曖昧。

  • 原発停止による電力不足が日本経済に与える影響があることは分かっていても、原子力発電に関しては再考すべきだと思います。どんなに安全だと言われても、無害化まで数万年かかる放射性廃棄物の処理すら人間にはできていないのです。

全45件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1941年、大阪に生まれる。1964年東京大学理学部物理学科卒業。同大学大学院博士課程中退。現在 学校法人駿台予備学校勤務。

「2019年 『現代物理学における決定論と非決定論 [改訳新版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福島の原発事故をめぐって―― いくつか学び考えたことのその他の作品

山本義隆の作品

福島の原発事故をめぐって―― いくつか学び考えたことに関連する談話室の質問

福島の原発事故をめぐって―― いくつか学び考えたことを本棚に登録しているひと

ツイートする