アーレント = ブリュッヒャー往復書簡――1936-1968

制作 : ロッテ・ケーラー  大島 かおり  初見 基 
  • みすず書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (592ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622078180

作品紹介・あらすじ

話題の映画『ハンナ・アーレント』でもわかるように、アーレントとハインリヒ・ブリュッヒャーは夫婦として深く強く結びついていた。その二人が交わした書簡は、ヤスパースやハイデガーとの往復書簡にまして、時代の幅と事柄、その思索と活動、人間性など、アーレントの思想と人と生きた時代を知るきわめて重要な資料であり読み物である。ナチスドイツから亡命後のパリ時代からアイヒマン裁判に臨んだ時期の書簡も含め306通。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夫婦って、そうなんだろうな、、、羨ましいゼ。。。

    みすず書房のPR
    「アーレントと彼女を支えた夫との書簡集。ハイデガー問題、アイヒマン事件も含め、アーレントの思考、活動、人間性を知る重要資料。」

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1906-1975。ドイツのハノーファー近郊リンデンでユダヤ系の家庭に生まれる。マールブルク大学でハイデガーとブルトマンに、ハイデルベルク大学でヤスパースに、フライブルク大学でフッサールに学ぶ。1928年、ヤスパースのもとで「アウグスティヌスの愛の概念」によって学位取得。ナチ政権成立後(1933)パリに亡命し、亡命ユダヤ人救出活動に従事する。1941年、アメリカに亡命。1951年、市民権取得、その後、バークレー、シカゴ、プリンストン、コロンビア各大学の教授・客員教授などを歴任、1967年、ニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチの哲学教授に任命される。

「2018年 『アーレント=ハイデガー往復書簡 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハンナ・アーレントの作品

アーレント = ブリュッヒャー往復書簡――1936-1968を本棚に登録しているひと

ツイートする