私のもらった文学賞

  • みすず書房
4.38
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 57
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622078463

作品紹介・あらすじ

小説『消去』(2004、小社刊)で日本の読者の度肝を抜き、多くのファンを獲得したオーストリアの作家トーマス・ベルンハルト(1931-1989)。文学界のグレン・グールドとも評されるまさしく孤高の作家が、総なめにしたグリルパルツァー賞やビュヒナー賞等ドイツ語圏の最高の文学賞受賞時の状況を綴った私小説風エッセーと、3編の受賞の辞。文学賞受賞の場をスキャンダルに変えその内幕を描いた、笑いと涙と感動がないまぜになった空前絶後の書である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • オールタイムベスト。

  • 読破したベルンハルト作品はこれが初めて。
    前に『消去』『破滅者』を読んでいたが、これらは途中で止まってる。(面白かったけど息切れしてしまった)
    本作はとにかく読みやすかった。 私含めてベルンハルト初心者はこの本から読んだら良いような気がする。

    内容は作者が貰った9つの文学賞についてのエッセイ。文学賞なんて貰いたかないけど、賞金が出るなら貰っとくか!と開き直る。賞金は治療費に、家に、車にと消えていく。
    何より良いのが作者の叔母の存在である。巻末によれば血の繋がらない叔母は彼をパトロンとして支えていたようだが、エッセイの中では も良くも悪くも破天荒な作者へのツッコミ役としてかなり大きい役割を担っている。私もこんな叔母欲しいなあ。

  • 文学

  • 友人が褒めていたので気になって。読書欲復活したかもとかいった矢先にポキッと折れたのでお口直しに丁度良い。
    なかなか面白かった。まあとにかくカネ、カネ、カネ。
    やっぱりどこの世界も作家は食い扶持に困るものなのね。本当はもらいたくなんてない賞なんだけど、お金のためにもらいます!という開き直りっぷりが見事。エピソードも本当か疑っちゃうくらいいろいろとあって楽しめた。

  • ベルンハルト節炸裂!『霜』はよ。

  • 早く「消去」を読まなきゃ、、、
    http://www.msz.co.jp/book/detail/04869.html
    http://www.msz.co.jp/book/detail/04870.html

    みすず書房のPR
    「ドイツ語圏の文学賞を総なめにした作家が受賞前後の様子を描いた、笑いと涙と感動がないまぜになった空前絶後の自伝的エッセイ集。」

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1931-1989。オーストリア生まれ。最も重要なドイツ語文学者のひとり。『消去』『凍』『破滅者』『アムラス』『地下』などが訳されている。ゲオルグ・ビューヒナー賞、メディシス賞など受賞多数。

「2021年 『推敲』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トーマス・ベルンハルトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
ミシェル ウエル...
アゴタ クリスト...
リチャード ブロ...
小山田 浩子
ガブリエル ガル...
カート・ヴォネガ...
アンナ カヴァン
サルバドール プ...
劉 慈欣
ロベルト ボラー...
ウィリアム・トレ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×