ファビアン――あるモラリストの物語

制作 : 丘沢 静也 
  • みすず書房
4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622078777

作品紹介・あらすじ

ナチスの政権掌握の前夜、退廃的な空気に覆われたベルリン。「顔はあるが、頭のない」人間があふれる思考停止の時代を、詩情と皮肉、辛辣なユーモアをまじえつつ描く。ケストナーが残した唯一の大人向け長編小説にして最高傑作の呼び声高い埋もれた名作が、初版刊行時に削除された章とまえがき、あとがきを収めた完全版で登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1930年頃のベルリンの物語なのに現代の東京の話かと錯覚する描写も多い。無為な時間を過ごすモラリストを主人公にした、退廃的な両大戦間ドイツの若者〜中年の人々の話。親友、母親、恋人、一夜の相手、金持ち、失業者など、さまざまな立場にある主人公の周りの人たちがそれぞれ悩みながら行動し、影響を与え合うのが簡潔な文章で書かれている。絶望の虚妄なること希望に相同じい、という文章を思い出した。あちこち抜き書きしたくなった。

  • 元々の文章なのか、翻訳の力か、登場人物のやり取りや、ちょっとした場面が洒脱でして、これまで読んだミステリ以外の翻訳小説(あまり読んでない)で、一番面白かったんですわ。微かにもえつつ。ナチス台頭前のドイツですが、ほんと現代日本の閉塞感にも通じる…え、ちょっとはやったりしないかな、と思いました。作者は児童文学の人と思っていたので、驚きです。児童文学の方もちゃんと読んだことないのですが・・。

  • 3分の1ほど読了。

  • 復刊ドットコムによると、「ナチスの政権掌握の前夜、退廃的な空気に覆われたベルリン。「顔はあるが、頭のない」人間があふれる思考停止の時代を、詩情と皮肉、辛辣なユーモアをまじえつつ描く。
    ケストナーが残した唯一の大人向け長編小説にして最高傑作の呼び声高い埋もれた名作が、初版刊行時に削除された章とまえがき、あとがきを収めた完全版で登場。 」
    http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68323341

    みすず書房のPR
    「『エミールと探偵たち』はじめ数々の児童文学が各国で愛され、読み継がれるケストナーの唯一の大人向け長編。日本初の完全版。」

全4件中 1 - 4件を表示

エーリヒ・ケストナーの作品

ツイートする