アメリカン・マインドの終焉――文化と教育の危機 【新装版】

  • みすず書房
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622085867

作品紹介・あらすじ

民主主義の国アメリカで精神生活がどのように発達したかを明確に語っている精確な歴史的要約である
(ソウル・ベロー)

全米に電気ショックを与える書。この5年間に出た本で、これほど影響力のある本はないだろう
(ニューヨーク・タイムズ)

内容豊かで心を奪われる。この本の値打はすべての人を挑発するところにある。近年刊行されたどの本も、アラン・ブルームほどのに幅ひろく、しかも深い洞察力でアメリカ精神の大旅行を試みたものはない
(ワシントン・ポスト)

かつての自由と平等の理念は、なんでも認めてしまう相対主義に変わってしまった。アパシー(無感覚)が今のアメリカを覆いつくしている。自由の砦であった大学は、かつては社会から孤立することで、逆に社会に貢献してきた。だが今や、大学は社会の要求をそのまま受け入れている。専門化がすすみ、科学技術やアップ・トゥ・デイトな講座がふえる一方、哲学・文学・芸術などの一般教養科目は片隅に追いやられてしまった……
大学教育を中心に現代アメリカの“精神の空洞化”を根底から抉った問題の書。決定的なアメリカ論である本書は、今後の日本を暗示する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 170121 中央図書館
    アメリカの平均的学生は実学と名声に興味があっても教養には価値を感じようとしない。自由と平等というベーシックな教義さえあれば、あとは煩わしい制約や古人の愚痴おせっかいを煩わしいと感じる。そういう風潮をなげく教養主義おじさんのエッセイのように見える。
    内容に深みはなさそうだが、共感することしきり。日本もあのころよりも一層アメリカナイズしているわけで、問題の根は同様。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1930-1992。イェール、コーネル、トロント、パリなどの各大学で30年間政治哲学を教えたのち、シカゴ大学教授。著書に『シェイクスピアの政治学』、訳書には、プラトン『国家』、ルソー『エミール』などがある。ヨーロッパ思想の古典への沈潜と現代アメリカ社会の変化への憂慮の念から『アメリカン・マインドの終焉』を執筆、大ベストセラーとなる。

「2016年 『アメリカン・マインドの終焉 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アラン・ブルームの作品

ツイートする
×