死と愛【新版】――ロゴセラピー入門

制作 : 河原理子(解説) 
  • みすず書房
4.13
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 126
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622087946

作品紹介・あらすじ

『夜と霧』と並ぶフランクルの名著を新版で刊行。ホロコースト収容所体験のさなかにも書き継がれ、『夜と霧』刊行前年の1946年に発表された本書は、人生や愛や苦悩について語りながら、態度価値の重要性を訴え、人が自らの生の意味を見出すことで心の病を癒す心理療法=ロゴセラピーを提唱したものである。長年読まれてきた版を新組にし、用語や表記に手を加え読みやすくした。解説・河原理子

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「態度価値」=変えられない運命の下にあるときに自分がいかなる態度をとるかを決めること。

  • 私には難しすぎた。1%もわかってないかも。「そうか。なるほど。わかるー」みたいなところもあって、調子よく読んでたら、また全く何が書かれているのかわからなくなって、でもまた、「なるほど。だよね。」みたいになって、でもまたわからなくなっての繰り返しだった。
    すごく大切なことが書かれているということはわかり、それが今の私にとっても支えや救いになることはわかった。
    読み終わった後、とにかく生きてさえいればいいんだと思った。合ってる⁉︎
    読み直す意味で、今度は最終形態?の「人間とは何か」を読んでみよう。無謀な気がするが。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ヴィクトール・E・フランクル[Viktor E. Frankl]はウィーン大学の神経学および精神医学の教授であり,同時に25年間にわたってウィーン市立病院神経科科長を務めた。彼が創始した「ロゴセラピー/実存分析」は,「精神療法の第三ウィーン学派」とも称される。ハーバード大学ならびに,スタンフォード,ダラス,ピッツバーグの各大学で客員教授として教鞭をとり,カリフォルニア州サンディエゴにあるアメリカ合衆国国際大学のロゴセラピー講座のディスティングイッシュト・プロフェッサー(注:Distinguished Professorは,日本語の名誉教授,特別栄誉教授に似ているが,厳密にはそのどちらの概念にも当てはまらない)でもあった。
 フランクルは1905年にウィーンに生まれた。ウィーン大学で医学博士号を取得し,のちに哲学博士号も取得した。第二次世界大戦中は,3年間にわたってアウシュヴィッツ,ダッハウ,その他の強制収容所での生活を経験した。
 フランクルは40年もの間,世界を股にかけて数え切れないほどの講演旅行に出た。ヨーロッパ,北アメリカおよび南アメリカ,アジア,アフリカで二十九もの名誉博士号を与えられている。アメリカ精神医学会のオスカー・フィスター賞,オーストリア学術アカデミーの名誉会員資格などの表彰や名誉資格も多数ある。
 39冊の著作はこれまでに43か国語で出版されている。“…trotzdem Ja zum Leben sagen”(注:邦訳名『夜と霧』)の英語版はミリオンセラーとなり,「アメリカでもっとも人々に影響を与えた十冊の本」に選ばれた。
 ヴィクトール・フランクルは1997年にウィーンで没した。

「2016年 『精神療法における意味の問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヴィクトール・E・フランクルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
凪良 ゆう
辻村 深月
村田 沙耶香
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×