庭とエスキース

著者 :
  • みすず書房
4.41
  • (23)
  • (8)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 320
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622087953

作品紹介・あらすじ

北海道の丸太小屋で自給自足の美しい庭を営む「弁造さん」。ある夢を抱え生きる姿を12年に渡り記録した写真家による珠玉の写文集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 写真は当たり前に良かったけど、文章がとても濃密で、美しくてハッとするような言い回しが多くて、何個もフレーズをメモした。濃密すぎて、1章ずつ余韻を味わいながらしか読み進めることができず、時間がかかった。目で文字を追っているのに、講演会で直接弁造さんのお話を聞いているような空気感だった。時間についての哲学感、生きること、死ぬこと、たくさんの思考を共有してもらった。写真集も手に取ってみたい。

  • 弁造さんの庭を拝見したかった。北海道開拓者の最後時代を生きた方。画家になりたくて、なれなくて絵をずっと描き続けてた。
    『自給自足は喜び、現代文明の暮らしが行き詰まって、自給自足に戻ったときに、これをずっと続けてあきたいと思えるような暮らしをわしは作りたいんじゃ。』
    楽しみながらの自給自足を学びたかった。
    ほんのきろく に残す。

  • 【注:本レビューは,旭川高専図書館Webサイトの「私の推薦する本」に掲載した文章を,執筆者の許可を得て転載しています】

     本というのは不思議なもので,そのとき自分に必要な内容のものが,向こうから自然と歩み寄
    ってくると思ったことはありませんか。
     今年も皆さんに紹介したい本を選ぶにあたり,日々の生活の隙間時間にいくつかの本を読んでみました。自分の興味からいけば,かつて札幌の琴似にあった「くすみ書房」の店主が,生前に自身の経験や本屋への思いを綴った『奇跡の本屋をつくりたい』(久住邦晴著,ミシマ社,2018年8 月)という本が,同じ本を扱う者として,今の私の心には深く刺さりました。それから,『バッタを倒しにアフリカへ』(前野ウルド浩太郎著,光文社,2017 年5 月)も読み物として面白かったです。読んでいて,たかのてるこ氏の海外旅行記を彷彿とさせました。一見不真面目なようでいて,昆虫学者という,少年のころからの夢をかなえるべく奔走する著者の,研究にかける熱い想いや,昨今のポスドク研究者が置かれた状況がよくわかり,今後研究を続けていこうと考えている人には参考になる部分もあると思います。
     さて,今回推薦本として挙げた『庭とエスキース』は,高専生の皆さんには大変渋すぎるセレクトであると言えましょう。写真家である著者が,北海道新十津川町の最後の開拓世代として,自らの建てた丸太小屋で自給自足の生活を営む「弁造さん」を季節ごとに訪ね,14 年にわたり撮影し続けた,その「記憶」の物語です。そう,これは徹頭徹尾,25 歳の若者が79 歳の老人と出会い,92 歳で亡くなるまでの日々を綴った一途な「回想録」なのです。正確に言えば,最後に弁造さん亡き後,弁造さんを取り巻いていた人々との交流について語られる部分もありますが,ともあれ,多少の意図せぬフィクションはあるかもしれないにせよ,会話の内容やそのときの情景までもが事細かに描かれていることに,記憶力が年々低下している私は,本筋とは全く関係のないところで,著者に驚愕しながら読んでいました。
     弁造さんが既にこの世にはいないことは,本書のかなり早い段階で語られます。やがて来る弁造さんの不在という結末に怯えながら本書を読むと,愛着にも似た不思議な感情が,心に芽生えます。個人的な話になりますが,弁造さんが,数年前に亡くなった,大好きだった自分の祖父とほぼ同じ年に生まれていることも関係しているかもしれません。
     弁造さんは,科学の可能性自体は信じつつも,いつか今の暮らしには限界が来ると考えていて,そのとき「戻る場所」となるように,自給自足の暮らしを続けていました。自らの庭で作物を育て,木を植え林を育てては,丸太小屋を建てるための木材やキノコのホダ木,冬のストーブ用の薪としたり,池にはタンパク源となるようなタニシや鯉,鮒などを育てていました。その世界を誰に伝え,託そうとするでもなく。
     小さいころから本当は絵描きになりたくて,農閑期に東京の画学校へ通ったりもしていた弁造さん。不遇なできごともあり,その夢はついにかないませんでしたが,しかし亡くなるまで,小さな部屋の真ん中にはイーゼルが据えられ,いつまでたっても完成することのないエスキースばかり描いていた弁造さんは,幸せだったのではないかと思えました。表現という行為や,植物や生き物を育てることは,時に挫折を味わうこともあるけれど,いずれもいわば人間の原点というか,小さな生きる喜びにつながると私は考えています。そういった喜びが,弁造さんの人生には溢れているように思えました。この本が気に入った人には,『人生フルーツ』という2017 年公開のドキュメンタリー映画もお薦めします。弁造さんの世界観につながる,素敵な老夫婦の生活が垣間見られます。
    (学生課図書係 問谷 実希 職員)


    ▽配架場所・貸出状況はこちら(旭川工業高等専門学校蔵書検索)
    https://libopac3-c.nagaokaut.ac.jp/opac/opac_details/?kscode=004&amode=11&bibid=1014156278

  • 弁造さんの庭とエスキースを20年にわたって見続けてきた話。

    夜盗虫の話もホラっぽいけどガルシア・マルケスみたいですばらしく、忘れがたい。

    年寄りの繰り言よろしく、同じようなトーンの話が何度も何度も繰り返されながら、ジワジワとその世界に入り込んでいく。時系列も少し行ったり来たりする。それがちょっとガルシア・マルケスっぽいと感じた理由か。

    写真家だから、と言ってしまうと安易に過ぎようが、饒舌ではないのに、光景が鮮やかに見えるような文章で、丸太小屋やメープルの木陰の光が肌にあたるのを感じられるようだ。

    海の大きさに改めて驚いて、しかしその海と渡りあう人間を応援するところにはグッときた。私も東北の人間だからか。

    最後の一葉の写真もいい。
    庭というのは、こういうものなんだな。
    ‪庭の遺影か、それとも庭は生き返ったのか。‬

  • ミニコメント
    自給自足の生活の中でのふとした出来事。24編の記憶の物語と40点の写真が収録。

    桃山学院大学附属図書館蔵書検索OPACへ↓
    https://indus.andrew.ac.jp/opac/book/630207

  • 東京から岩手に引っ越した若き写真家と、大正の終わりから北海道・石狩平野の外れで自給自足の暮らしを営む「弁造さん」の、1998年に出会ってから2012年に弁造さんが逝ってしまうまでの、14年間の交流の記録。

    どれだけ深く語り合おうと、他者のことはわからない。「弁造さん」のような自由奔放な人なら尚更そうだったのだろう。そこで想像するのをやめ、孤独や諦観に浸るのもいいのかもしれない。でも作者の深山さんはわからないながらもその事実を「不思議さ」として受け止め、記憶や遺品の数々から「生きること」(亡き後は「不在」)の意味に少しずつ迫っていく。

    北海道の美しい自然の描写や写真も随所にあって、またいつかゆっくり訪れたいと強く思った。

  • 他者の人生への愛おしさ、その人が愛する自然の静かな美しさに聴き入るような本。絶賛。

  • とても美しい写真、佇まいの本である。
    25歳の奥山青年は、他者を通じて「生きる」ことを知りたいと考え、北海道の新十津川にて自給自足の生活をしている78歳の弁造さんの写真を撮り始める。弁造さんが亡くなるまで続く15年間の2人の交流を中心に書かれている。
    弁造さんは、独自の美意識で「庭」を作り上げ、青年時代に画家を志し、一度は挫折したものの80歳から再び下書き(エスキース)を描き始めた。
    弁造さんはかなり変わり者のようだが、読み進めていくうちに、優しく、ユーモアもあり、愛すべきキャラクターであることがわかる。そして、弁造さんは無名だが、だからこそ、「生きる」ことを肯定する姿や発言に鮮烈な印象を受ける。
    挟まれている写真が綺麗で、読むのが心地良い本です。

  • 七十をとうに超えた弁造じいさんと
    まだ二十代だった写真家との
    二十年の記録

    と言っても
    その写真家の写真はわずか、
    ほとんどはその綴られた文章である

    北海道の開拓地のあとに
    独り住まいをされている
    弁造じいさん

    そこで 自称、自給自足をされている
    弁造じいさんの元へ
    若い写真家である奥山さんが
    愛犬さくらと一緒に
    二十年の間、通った様子を
    淡々と綴られているのですが

    これが まことに
    しみじみと 心に迫ってくる
    弁造じいさんが
    奥山さんを相手に
    しゃべりかけている様子が
    まざまざと浮かびあがってくる

    特別なことをされた人ではなく
    まぁ ある意味では特別とも言えますが…
    その弁造じいさんの
    日々の暮らしが語られるのですが
    その日常の風景が
    なんとも 貴重なものとして
    胸に迫ってくる

    挿入されている
    写真の一枚一枚が
    すばらしいことは いうまでない

    こんな一冊を読んでしまうと
    全ての人の 全ての人生は
    語るに値する
    と 思わせてもらえる

  • 本を読む時間のぜいたくなこと、豊かなことを実感できる一冊。弁造さんが職業欄に「画家」と書いていた場面で泣いてしまった。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

写真家。1972年大阪生まれ、奈良育ち。京都外国語大学卒業後、東京の出版社に勤務。1998年岩手県雫石町に移住し、写真家として活動を開始。以後、東北の風土や文化を撮影し、書籍や雑誌等で発表するほか、人間の生きることをテーマにした作品制作をおこなう。2006年「Country Songs ここで生きている」でフォトドキュメンタリー「NIPPON」2006選出、2015年「あたらしい糸に」で第40回伊奈信男賞、2018年写真集『弁造 Benzo』で日本写真協会賞 新人賞、2019年写真集『弁造 Benzo』および写真展「庭とエスキース」で写真の町東川賞 特別作家賞を受賞。主な著書に『手のひらの仕事』(岩手日報社、2004)、『とうほく旅街道』(河北新報出版センター、2012)、『庭とエスキース』(みすず書房、2019)などがある。

「2021年 『動物たちの家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥山淳志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
レティシア コロ...
佐藤 雅彦
劉 慈欣
テッド・チャン
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×