アウシュヴィッツ潜入記

  • みすず書房
4.29
  • (10)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 162
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622088301

作品紹介・あらすじ

1940年9月、ポーランドの情報将校ピレツキはワルシャワの路上で進んで逮捕され、アウシュヴィッツに送られた。彼は内部の実情を上司に流し、収容者の抵抗活動を組織する。しかし、熱望した連合軍による収容所襲撃は実らず、2年ほどで脱出した。これはその全容を語る報告書。1945年に書かれたものの、ポーランド語のタイプ原稿のまま眠っていた。アメリカで英訳・初出版されたのは2012年。類書と一線を画し、しかも強い意志に貫かれた文章は、文学的にも読ませる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ナチスに自ら逮捕されることで捨て身のアウシュヴィッツ偵察を行ったポーランド人、ヴィトルト・ピレツキ大尉による報告書を編纂した一冊です。
    収容所内で死んで当然だろうという決死隊として乗り込むピレツキ大尉は相当な変わり者と言えますが、状況に臆することのない鉄の心が報告書と彼自身の生還という形で実を結びました。
    1945年のペウチンスキ将軍に宛てた報告書が原書であり、その後の英訳を邦訳したものが本書となります。
    ユダヤ人やジプシーやソ連軍捕虜に比べてポーランド人であることが生存に役立ってはいましたが、それでも死と隣り合わせの状況で観察し記録することを第一に日々を送っていました。
    2~3年をアウシュヴィッツ収容所で暮らし、逃げるなら今しかないという所で機転が利くピレツキ大尉には脱帽します。
    絶滅収容所の記録はドイツの戦況悪化に伴い大量処分されたため、貴重な生の記録の一つと言えるでしょう。

  • 生きて抜け出す自信は無い(キッパリ)

    アウシュヴィッツ潜入記:みすず書房
    https://www.msz.co.jp/book/detail/08830.html#more-a1

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      > りまのさん
      素晴らしい!
      > りまのさん
      素晴らしい!
      2020/07/28
    • りまのさん
      自転車を走らせて書店に本を探しに行ったのに、未売だった。未来屋書店の名がすたる!nyancomaruさんてば!
      自転車を走らせて書店に本を探しに行ったのに、未売だった。未来屋書店の名がすたる!nyancomaruさんてば!
      2020/07/28
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      スミマセん、、、猫が読みたいと思う本を載せるために遣っているのでフライングが多いんです。
      スミマセん、、、猫が読みたいと思う本を載せるために遣っているのでフライングが多いんです。
      2020/07/28
  • 第二次大戦期、自らナチスに捕まり、アウシュビッツの内情の報告をしながら、収容されている収容者による抵抗組織を構築、ポーランドの地下組織に連合国軍に働きかけてパラシュート部隊によるアウシュビッツ攻撃と連動して抵抗組織によるアウシュビッツ解放を訴えかけていたポーランド国内軍騎兵
    ヴィトルト・ピレツキ。
    本書は彼がアウシュビッツから脱走したのちに地下組織に対して作成した報告書の英語訳を元にした翻訳本。
    ナチス・ドイツは収容所の様子を隠蔽していたために、その内情や、内部で亡くなった収容者たちがどういう状況に置かれているのかは中々外部には伝わっていなかった。
    ピレツキはこれを調べるために故意に逮捕され、収容所に入ったのだ。
    そこから2年余り、時にはSSによる粛清に脅かされたり、ある時にはチフスに罹って苦しんだりとまさに命を危険に晒しながら、信頼できる収容者を探し、抵抗分子として組織化を進めていく。
    ピレツキは外部からの軍の支援が有れば、内部の抵抗組織を率いてアウシュビッツ収容所の解放が、そして収容所の実態を早期に世界に知らしめることが可能であったと考えていたという。
    訳註などからはところどころ記述が実際と異なる部分もあるようだが、それより脱走後に報告書として書いたという本書の細部についての記憶力の凄さはそういう誤謬を埋めて余りある。

  • アウシュビッツに自ら進んで収容され、後に脱走したポーランド人士官の体験記。
    アウシュビッツの状況は非人道的、悲惨ではあるが、例えば「夜と霧」や、「アウシュビッツの巻物」で語られる状況より、随分ましである。収容時期(報告者がアウシュビッツにいたのは1940-1943)がかなり初期から、ドイツにとって戦況が非常に悪化するより前であること、収容所としても絶滅を目的とする第二収容所(ビルケナウ)に比べて労働力として期待するところがあること、彼がポーランド人であること、アウシュビッツに連れてこられた理由が集団検挙(つまり検挙の日に街中に偶々居ただけで、政治犯や同性愛者のように“悪”だった訳ではない)ということによるものと思われる。
    報告者も認めているように、収容所には、古参-新参、ドイツ人>ポーランド人>ロシア人>ユダヤ人・ロマの階層があり、階層が上であればそれだけ有利な労働につくことができ、食料事情も良く、死亡率も低かった。
    生活水準については、1943年ごろは、外の家族から収容者宛の小包が多数届いていたとか(p 295-)、ある時期から収容所棟内にバスルームがあった(p 246-)とか初見の話もあった。
    1940年収容所開設初期の直接的暴力から、1941年のソ連兵の収容と大量殺戮におけるガス使用の開始、1942年からのユダヤ人絶滅開始と、編年的に収容所の運営が変化していく様子は興味深い。
    彼は収容所内では恵まれた立場にいたと思うが、彼の体験が悲惨でなかったということはなく、収容所の中と外の違い、外の人の無理解に対する苦い気持ちが響く。

  • 第二次大戦のさなか、ポーランド人将校として、自らアウシュビッツに潜入調査した人がいたという。その名をピレツキという。ピレツキはわざとドイツ軍につかまり、アウシュビッツへの潜入に成功する。アウシュビッツの創建まもないころから内部からアウシュビッツを観察した稀有な本となっている。
     アウシュビッツは最初は普通の刑務所で刑事犯が多数収納されていた。それが戦争が長引くにつれて政治犯(反ナチスドイツ勢力)がいれられるようになる。不健康なもの、インテリ、反抗的な囚人はさっさと殺される。著者が生き延びるには、重要な人物でなく、健康で、時にはドイツ人のために働くようなふりさえする。
    ただ生き延びるだけではなくアウシュビッツ内でレジスタンス勢力も築いていく。発覚しても芋づる式に連座しなくていいように五人組み単位で組織する。
     十分な注意を払ってはいるものの、病気になり、なんとか回復し、健康を害することがすくない部署にはいり、空からイギリス軍が武器を投下してくれればナチスを制圧できるのではないかと夢想する日々をおくる。
    そしてついに脱獄に成功し、戦後まで生き延びる。
    脱獄してからはポーランド軍も¥はアウシュビッツの囚人を助ける気が全くなかったことを知り愕然とする。そとからはまさかレジスタンス組織が組まれているとは想像もできなかったのであろう。
     ピレツキは戦後共産党政権に反対し、死刑になる。
    徹頭徹尾ポーランドのために戦った男の貴重な記録。
     日々の少しの注意、努力、未来を見据え毎日を生きることの大切さをこの本は教えてくれる。
     絶望しかないような状況で、本当によく頑張ったと思う。大した人物である。

  • 人間の尊厳をも抹消するナチス・ドイツ強制収容所の実態を探る為、意図的にドイツ軍に投降、3年後に脱走し帰還したポーランド軍将校ヴィトルド・ピレツキ(1901-1948)が、アウシュビッツ強制収容所を暴いた驚愕の報告書(45年)です。占領下ワルシャワのポーランド国軍は、ピレツキの話に疑いをもち収容者救出の訴えを退けてしまいます。ワルシャワ蜂起で奮戦したピレシキは、再び捕虜収容所生活を強いられます。戦後、反共産主義者として秘密警察に拘束、拷問のすえ処刑されてしまいます。ポーランドの慟哭の歴史でもあります。

  • 進んでSSに捕まりアウシュビッツの状況をポーランドに報告すると言う身を呈した情報戦

    3年近くナチが行う全てを見、様々な病気や蔓延する錯乱を乗り越えて
    ポーランド同胞との関わり方も興味深いもの。

    フェノールが足りないと生き返った

    これは衝撃だった…

  • アウシュビッツ収容所に自らの意志で収容され、実態を報告して内部組織を作り上げたポーランドの軍人、ヴィトルト・ピレツキの報告書。信じられないほどの強靭な精神力でその偉業をやり抜き、最後は脱走も成功させる。いつ殺されるか分からず、過酷な労働と飢餓や感染症に苦しみ、人間の仕業とはとても思えない残忍な所業をいくつも目にして、それでも生き延びて任務を遂行するピレツキは確かに英雄だ。この本で、初めて存在を知った。

  • アウシュビッツに意図的に入って収容所の実態を調査して外部に知らしめようとしたポーランド軍将校の報告書。あの環境を2年半も生ききったのが凄い。後半部はゆとりがあったように読み取れるが、それでも一方ではホロコーストは進行していた。
    移送の描写も他の本などから知っていたとおりで、彼は石灰運搬の貨物車で丸一日かけて移動させられた。飲食は当然できず。到着してからは無作為の殺戮がすぐに起きている。それからも当たり前のように劣悪な環境下で死と隣り合わせの日々を送りながら、ポーランド人収容者の仲間を募って組織化を続けた。
    涙の壁や地下壕での虐殺の様子も書かれている。また、携わった労務やシラミとの戦い、「カナダ」からの衣類や食糧の調達、家族からの小包といった話も。
    外の人々がアウシュビッツの収容者たちを平然と骸骨呼ばわりしていることを知っての「自由のなかで人生を謳歌している仲間を守るために命を落としつづけるためには、どれほどの忍耐が必要なのだろうか。」や、脱出後に大多数の人々に抱いた「大きな屋敷をさまよいながら、いきなり子供たちしかきない部屋の扉を開けたような感覚に襲われた。」といった印象が胸に迫る。

  • われわれを苦しめるドイツ文化の神髄を示すかのように、人道的な殺害方法が次々に考案され、収容者は病棟からガス室へと公然に送り込まれるようになった。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1901-1948。ロシア帝国領カレリア地方のオロネツに生まれる。ポーランド軍騎兵隊少尉としてポーランド・ソビエト戦争に参加。第二次大戦勃発直後の1939年11月、ドイツ占領下の祖国で反独地下抵抗組織、ポーランド秘密軍(後のポーランド国内軍)の創設に参加。1940年9月、新設のアウシュヴィッツ強制収容所の実態を探るという組織の要請に応えてみずから逮捕・収監された。外部に情報を流すと同時に、連合国軍による収容所襲撃に備えて収容者の抵抗組織づくりを進める。しかし襲撃は実現せず、1943年に脱出。翌年、大尉としてワルシャワ蜂起に参加。1945年、イタリア駐留中にこの「アウシュヴィッツ報告書」を完成する。ポーランドがソ連の影響下に入ると、反ソ地下抵抗運動に参加するが、その後一党独裁体制を強めた自国の共産主義政権により拉致・拷問され、処刑される。

「2020年 『アウシュヴィッツ潜入記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉浦茂樹の作品

アウシュヴィッツ潜入記を本棚に登録しているひと

ツイートする
×