正直シグナルーー非言語コミュニケーションの科学【新装版】

  • みすず書房
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622089568

作品紹介・あらすじ

世界が注目する独創的な研究から、イノベーションと物語が生まれる瞬間を切り取った刺激的なレポート。「場の空気」や「暗黙の了解」など、言葉にされないさまざまなコードを、私たちは息苦しいほどに意識ながら生活している。もしそうした「雰囲気」のやりとりが、未来のテクノロジーによって当人にも他人にも丸見えになってしまったらどうだろう? 著者はまさにそんなテクノロジーを開発してしまった。
本書は、非言語的シグナルによるコミュニケーションの領域に初めて科学のメスを入れた研究と、そのパイオニアである著者のビジョンを覗きこむ。前半はこうしたシグナルの想像以上の影響力を例証するややテクニカルな議論だが、集団や社会のダイナミクスを語る後半は、専門の枠を超えたスケールの大きな問題提起となっている。正直シグナルが可視化される未来の社会では、「ネットワーク・インテリジェンス」──人の集合が一個の頭脳のように形づくる知性──が、はるかに効率的に利用されるはずだと著者は語る。
これは私たちにとって朗報となるのか、それとも悪夢となるのか? 私たちはどんな未来を求めるのか。それを幅広い視点で考えるためにも、MITメディアラボで進行する先覚的な研究の水準を、いま目の当たりにしておきたい。解説・安西祐一郎。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コミュニケーションの内容や結果はいくつかの非言語的な情報(正直シグナル)によって予測できるという研究をまとめた本。
    前半では、正直シグナルが広範な1対1コミュニケーションの事例でコミュニケーションの結果と相関を持つことを主張している。

    後半ではコミュニケーションを人の集合となる社会的ネットワークに拡張させた際にも正直シグナルが有効であることを主張している。
    正直シグナルから示唆される情報に基づいた意思決定が、より適切な意思決定に繋がるという趣旨。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

アレックス・ペントランド
マサチューセッツ工科大学(MIT)教授。MITメディアラボ創設から関わり、現在はMITコネクションサイエンス・ラボとヒューマンダイナミクス・ラボの所長を務める。ビッグデータ研究の世界的第一人者で、フォーブス誌が選ぶ「世界で最も有力な7人のデータサイエンティスト」にも選ばれた。また、10社以上のビッグデータ関連の会社を創立した起業家でもある。世界経済フォーラムでは、ビッグデータと個人データ保護に関するイニシアチブをとった。邦訳されている著書に『正直シグナル—非言語コミュニティの科学』(みすず書房)がある。

「2018年 『文庫 ソーシャル物理学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アレックス・ペントランドの作品

正直シグナルーー非言語コミュニケーションの科学【新装版】を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×