西洋哲学史【新装合本】

  • みすず書房
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (898ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622089575

作品紹介・あらすじ

バートランド・ラッセル(1872―1970)は、イギリスの著名な哲学者として、ヒューム以来の存在である、といわれる彼はまた、イギリスのヴォルテールであるともいわれる。
本書は1943年、アメリカにおける講義を母胎として生れ、1946年に刊行され、たちまち世界的な注目をひいた。
そのユニークさはどこにあるか。第一に、人類の歴史上の思想が、ラッセルの個性的な解釈で、みごとに融合・綜合されていることである。第二に、叙述の明快さ、平明さ――二十世紀散文の模範とされる流麗でwittyな文章であることである。第三に、副題にも示されたように、哲学をその時代の背景との関連において把握しようとしたことである。
第一級の、独創的な思想家による最高の哲学史として、現代思想のモニュメントである。

バートランド・ラッセルの「西洋哲学史」は貴重な書物である。この偉大な思想家ラッセルにおけるすばらしい新鮮さと独創性、換言すれば、過去の遠い時代や異質的な精神にたいする感情移入の鋭さについて、私はいかにそれを頌えるきか、言葉を知らないくらいである。現代――この、かくもドライで野蛮な時代においてすら、かくも英知にみち、信頼に値し、徹底的であり、しかもヒューマーにみちあふれた人間が存在することを示し得るのは、幸福である。この本は党派や見解のもろもろの闘争をはるかに超越し、もっとも深い意味で教育的である。A.アインシュタイン(1946)

著者プロフィール

1872-1970。イギリスの哲学者。17世紀以来のイギリスの貴族ラッセル家に生れる。ケンブリッジ大学で数学・哲学を学ぶ。1895年ドイツを訪れ、社会民主主義の研究に打込む。1910-13年にはホワイトヘッドと共に画期的な著作『プリンキピア・マテマティカ』(3巻)を著わし、論理学や数学基礎論に貢献した。第一次大戦が勃発するや平和運動に身を投じて母校の講師の職を追われ、1918年に4カ月半投獄される。1920年労働党代表団とともに革命後のロシアを訪問。以後社会評論や哲学の著述に専念、ヴィトゲンシュタインとの相互影響のもとに論理実証主義の形成によって大きな影響を与えた。1950年哲学者として3度目のノーベル文学賞受賞。また原水爆禁止運動の指導者のひとりとして99歳の生涯を閉じるまで活動を続けた。多数の著作のうち邦訳の主なものは『西洋哲学史』(1954-56)のほか『懐疑論集』(1963)『ラッセルは語る』(1964)『人生についての断章』(1979)『私の哲学の発展』(1979、以上みすず書房)『哲学入門』(1965、角川書店)『ラッセル自叙伝』(全3巻、1968-73、理想社)など。

「2020年 『西洋哲学史【新装合本】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

バートランド・ラッセルの作品

ツイートする
×