芸術の補助線――私の美術雑記帖

著者 :
  • みすず書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622089773

作品紹介・あらすじ

長く美術館長を務める著者が日々の仕事のなかで拾い集めた覚え書き。コロナ禍で断念した展覧会へのレクイエムなど近作コラムを集成。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者:世田谷美術館館長
    死去されているアーティストの話ばかりなのは・・

    ル・コルビュジエ
     本名シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ
     ピュリズム(純粋主義)絵画から建築へ

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1941年、北海道に生まれる。64年、慶應義塾大学卒業後、神奈川県立近代美術館に勤務。92年、同館館長。2004年、世田谷美術館館長に就任。国内外の数多くの展覧会企画・運営に携わる。国際美術評論家連盟会員、全国美術館会議理事、美術館連絡協議会理事長などを務める。専門は近・現代美術。79年、近代日本美術の黎明期を扱った『開化の浮世絵師 清親』『海の鎖』などの著作で第1回サントリー学芸賞受賞。著書に『海の鎖』(青幻舎)『覚書 幕末・明治の美術』(岩波書店)『遠い太鼓』『魂の樹』『森の掟』『彫刻の庭』(以上、小沢書店)『彫刻家への手紙』『彫刻家との対話』『ある日の画家』(以上、未知谷)『日本近代思想大系 美術』(共著、岩波書店)『岸田劉生随筆集』(編著、岩波文庫)『若林奮 犬になった彫刻家』『鞄に入れた本の話』『芸術の海をゆく人 回想の土方定一』『芸術の補助線 私の美術雑記帖』(以上、みすず書房)『ヨーゼフ・ボイスの足型』(共著、みすず書房)『鍵のない館長の抽斗』『片隅の美術と文学の話』『美術の森の番人たち』(以上、求龍堂)『横尾忠則さんへの手紙』(光村図書出版)ほか多数。

「2021年 『芸術の補助線 私の美術雑記帖』 で使われていた紹介文から引用しています。」

酒井忠康の作品

ツイートする
×