鳥類のデザイン――骨格・筋肉が語る生態と進化

  • みすず書房
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 95
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622089896

作品紹介・あらすじ

生きる上で飛行とは何か。この問に、鳥たちは約1万種に及ぶ多様なデザインで答えた。飛行速度や機動性の追求、さまざまな遠隔検知能力の獲得、中には飛ぶことをやめて泳ぎや走行に特化したものたちまで。著者は25年もの時間をかけて鳥の死骸を収集し、ポーズをとらせ、見事に描き出した。200点の卓抜したイラストと軽妙な解説で、進化の恐るべき多様性を示す書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これは非常に美しい。著者が25年をかけて、死骸を集め、骨格標本を作り、ポージングをして、スケッチされている。自然科学系芸術書籍。文章も面白いし、ポーズが良いですねぇ、なんせ、ずっと眺めていられる。
    やっぱり骨は良い。

  • 【内容紹介】生きる上で飛行とは何か。この問に、鳥たちは約1万種に及ぶ多様なデザインで答えた。飛行速度や機動性の追求、さまざまな遠隔検知能力の獲得、中には飛ぶことをやめて泳ぎや走行に特化したものたちまで。著者は25年もの時間をかけて鳥の死骸を収集し、ポーズをとらせ、見事に描き出した。200点の卓抜したイラストと軽妙な解説で、進化の恐るべき多様性を示す書。

    大阪府立大学図書館OPACへ↓
    https://opac.osakafu-u.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2000958174

  • 請求記号 488.1/V 29

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

(Katrina van Grouw)元英国自然史博物館鳥類コレクション学芸員。剝製師であり、経験を積んだ鳥類標識調査員でもある。ロイヤル・カレッジ・オブ・アートでファインアートと博物画を、その後独学で進化生物学とその歴史を学び、現在は「科学と芸術の中間地帯に身を置いて」いる。『鳥類のデザイン』(原題The Unfeathered Bird、鍛原多惠子訳、みすず書房)は著者のライフワークであり、25年の時間をかけて制作された。他の著書にBirds (Katrina Cook名義、2011年)、Unnatural Selection (2019年)がある。

「2021年 『鳥類のデザイン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川上和人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
テッド・チャン
カズオ・イシグロ
呉 明益
アンドルス・キヴ...
劉 慈欣
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×