資本主義だけ残った――世界を制するシステムの未来

制作 : 梶谷 懐 
  • みすず書房
3.85
  • (4)
  • (11)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 264
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622090038

作品紹介・あらすじ

『エコノミスト』誌ベストブック
『フィナンシャルタイムズ』紙ベストブック
『フォーリン・アフェアーズ』誌ベストブック
『プロマーケット』誌ベストブック
『プロスペクト』誌ベストブック

「われわれの未来についての、重要な問題をすべて提示している」ゴードン・ブラウン(元英首相)
「経済統計の第一人者[による]豊かな議論だ」ジェームズ・K・ガルブレイス(テキサス大学オースティン校教授)
「北京に住むのか、ニューヨークに住むのか、決断のときは近づいている」エドワード・ルース(『フィナンシャル・タイムズ』紙)
「この二つの資本主義が世界情勢を支配している。両者の共進化が今後数十年の歴史を形成することになるだろう」『エコノミスト』誌
「データの収集、評価において、類まれな最高の経済学者だ」ロバート・カトナー(『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス』誌)
「現存する(おそらく)唯一の社会経済システムへの理解を刷新しようとする、あらゆる読者、研究者にお薦めする」ロバート・ラコノ(LSEレビュー・オブ・ブックス)

二つの資本主義が世界を覆っている。米国に代表されるリベラル能力資本主義と、中国に代表される政治的資本主義だ。この両者がはらむ、不平等の拡大と腐敗の進行という病弊の根本原因を喝破し、欧米の社会科学界を震撼させたベストセラー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ブランコ・ミラノヴィッチ(1953年~)は、ベオグラード生まれ、ベオグラード大学博士課程修了、世界銀行調査部主席エコノミスト、カーネギー国際平和基金シニア・アソシエイト等を経て、ルクセンブルク所得研究センター上級研究員、ニューヨーク市立大学大学院センター客員大学院教授。
    本書は、2019年発表の『Capitalism, Alone:The Future of the System that Rules the World』の全訳で2021年に出版された。邦訳書では、『不平等について』(2012年)、『大不平等』(2017年)に次ぐもの。本書は、「エコノミスト」、「フィナンシャルタイムズ」、「フォーリン・アフェアーズ」等の雑誌・新聞でベストブックに選ばれている。
    私は以前より、世界に広がる格差の元凶である資本主義に問題意識を持っており、これまでも、ジョセフ・スティグリッツ、水野和夫、トマ・ピケティ、斎藤幸平、広井良典等の多数の著書を読んできたが、本書を手に取ったのもその流れによる。
    本書の概要は概ね以下である。
    ◆資本主義は、我々の世界に、営利を目的とするという、共通の価値観・ルールを生み出すことに成功した、最も安定した社会経済システムである。現在の世界の資本主義の体制は、欧米諸国の「リベラル能力資本主義」と中国に代表される「政治的資本主義」に分けられる。「リベラル能力資本主義」は、民主主義と法の支配に結びつき、技術革新を奨励し社会的移動性をもたらすことで経済の発展を促し、かつ万人に概ね平等の機会を与えると考えられている。一方、「政治的資本主義」は、政治的エリート層を惹きつけるとともに、高い成長率を約束するかに見える。
    ◆「リベラル能力資本主義」は、第二次世界大戦後の「社会民主主義的な資本主義」を支える「4つの柱」となっていた、交渉力の強い労働組合、教育の大衆化、累進性の高い税負担、政府による大規模な所得移転が、次第に機能しなくなった結果生じ、不平等を不断に拡大させることとなった。
    ◆中国などの後進の被植民地国の多くが社会主義革命を起こしたのは、教条的なマルクス主義が主張するような資本主義の矛盾が原因ではなく、地主に代表される旧社会勢力を一掃し、かつ、外国資本による支配を覆すことができる、唯一の組織化された力が共産主義勢力であったためで、“資本主義的な経済発展を実現するために”社会主義革命が必要だった。こうして成立した「政治的資本主義」の特徴は、テクノクラート的な官僚システムの存在、そのシステムが邪魔されないよう法の支配が欠如していること、民間部門を統制できる国家の存在の3つであり、それ故に深刻な腐敗が生じやすいという矛盾を持つ。
    ◆「リベラル能力資本主義」と「政治的資本主義」で進行する不平等は、グローバル・チェーンの進化、即ち、モノと資本の移動が自由になり、先進国の工場が簡単に途上国に移転するようになったこと、情報通信技術の発展によって、事細かに国際分業することが可能になったことの2点を通じて有機的に結びついている。
    ◆様々な問題を孕む超商業化資本主義社会だが、これに代わる社会経済システムはない。資本主義に組み込まれた競争的かつ物質欲的精神を捨てれば、結局は所得が減り、貧困が拡大し、技術進歩が減速・逆転する。物質欲的精神を捨ててもなおかつそれらが維持できるなどと思うのは無理である。
    ◆「リベラル能力資本主義」がいかに進化していくかについては、資本所得の集中がより少なく、所得の不平等がより縮小し、世代間の所得の移動性がより高くなることにより、「民衆資本主義」に移行できるか否かにかかっている。仮に、「リベラル能力資本主義」が政治的な力と結びつき、金権主義的なものになれば、「政治的資本主義」に似通ったものとなるだろう。

    本書の特徴は、何より、中国の社会経済システムを、日米欧諸国の「まともな資本主義」に対する「異形の資本主義」とは位置付けずに、その歴史に基づいた一つのシステムとして分析し、更に、日米欧諸国の「リベラル能力資本主義」でさえ、格差・不平等が拡大し、富裕層が政治的な力と結びつけば、そうしたシステムと似たものになると警鐘をならしていることだろう。
    また、私が問題意識を持っている格差の是正については、「リベラル能力資本主義」から「民衆資本主義」への移行がポイントとしており、この点は同意する。(ただ、斎藤幸平氏が論じている地球環境の持続可能性を危うくする(資本主義と不可分の)物質欲的精神については否定していない)
    資本主義の未来(ポスト資本主義)を考える上では一読の価値ある一冊といえる。
    (2022年2月了)

  • 俯瞰的なものの見方や、共通性とはどんなものかを実例を持ってていねいに解説してくれる。大学生のときにこのような本があったらぜひ読みたかった。もっと経済に興味を持ったことだろう。
    本書では移民についての考え方と「政治的資本主義」が興味深い。

  • ●著者のブランコ・ミラノビッチは、エレファントカーブと呼ばれるグラフを用いて、近年における先進国の中間層の没落に警鐘を鳴らしたことで知られている。
    ● 21世紀における高度にグローバル化した資本主義の特徴を「格差」と「腐敗」の拡大にあることを喝破し、またその拡大のメカニズムを「リベラル能力資本主義」と「政治的資本主義」と言う2つの異なる政治経済的な体制ことに、手際よくまとめている。
    ●グローバリゼーションと経済移民の拡大が、富の再分配をつうじた、資本の集中の改善を妨げている。富裕層が逃げていく。
    ●政治的資本主義の代表例が中国。
    ●アンバンドリングという概念。まず第一に、生産と消費が切り離され、先進国の工場が途上国に移転するようになった。第二にICTの発展によって、管理生産も事細かに国際分業することが可能になった。
    ●市民権プレミアム。ただ先進国の都市に住んでいると言うだけで、人々が受ける大きな恩恵の存在。賃金だけでなく社会保障制度の享受。
    ●ただそれでも資本主義に代わるような選択肢は無い。だから現在も米中間の対立の縄張り争いは激化する。

  • 人種、生い立ち、信念や動機が異なっても、
    お金や利益の話となれば、すんなりと理解する。

    リベラルな能力主義的資本主義:欧米
    政治的(権威主義的)資本主義:中国

    リベラル資本主義
     人的資本の高い労働金持ち=資本金持ち
      同類婚が不平等を強化
      アメリカの裕福な10%が金融資産の90%を保有
      長期収益の資産を多く所有、税金比率が少、参入手数料と管理コストが低い

    資本とスキルの平等を授ける資本主義は可能か?
     労働組合、大衆教育、税金、政府による所得の移転(年金や福祉)が行き詰り
     →中間層を優遇、労働者の資本保有(持ち株会)、相続税、公立教育   
    現実は、
     福祉国家にスキルの低い移民が集まる →政府サービスからの金持ちの撤退
     超富裕層からの政治献金 →優位性の保証
     高額な私立教育が優位に 高い授業料で最良の教授を集める →公教育離れ
     →技術進歩が続く限り、富や教育に基づく部外者に開かれた世界

    共産主義
     封建制から資本主義への移行システムが共産主義
      地主の締め付け、外国による支配を覆す
      貧しい国は市場のインセンティブが欠如し 中央計画の利点から恩恵を受ける

    中国=資本主義
     国政企業20%(1998年は50%)
     資本主義=民間の生産手段+賃金労働者+生産や価格設定の決断が分散化

     鄧小平 鳥を広々としたかごに入れておく
     資本家の利害が支配的な力を持つことを許さず、政策に従い民間を統制
     法ではなく、恣意的な意思決定 無法地帯が組み込まれたシステムという矛盾
     不平等の全国拡大 たたき上げの資本家階級の台頭

    政治的資本主義の特徴
     1.優秀な官僚 2.法の支配の欠如 3.国家の自立性 
    2つの矛盾
     1.官僚の管理能力と自由裁量 2.法支配の欠如による腐敗とシステム正当化
     政治を経済と切り離し、腐敗の少ない政権を維持できそうな国はほとんどない?

    グローバリゼーション=資産の移動+労働の移動
     市民権の市場取引  ギリシャ 25万ユーロ、イギリス 200万ポンド
     
    第二のグローバリゼーション 生産の移動 ・・制度の重要性 技術の移転
    第三の・・・              ・・労働の移動からの解放? 

    原子化と商品化 モノやサービス何でも買える 自分の時間も含め何でも売れる
     自身が経済媒体=商品に

  • タイトルからすると資本主義礼賛本に見えるが、目次で惹きつけら得て手に取ってみた。読みにくい箇所はあるが、得るものは多かった。いまの資本主義を批判的に考察しつつ、代替がないなかで現実的な展望を示してくれる後半は読み応えあり。

    前半のアメリカ型のリベラル能力資本主義と、中国型の政治的資本主義の分類はわかりやすい。さらに西側の価値観でいずれ中国型は崩壊するorアメリカ型に集約するというスタンスはとっていない。いずれも課題を抱えつつ生き延びている。後者はソフトバワーが乏しく、「輸出」できるかが課題。なお、昨今はやりの共産主義の見直しについては、著者はばっさり切って捨てており小気味よい。

    後半に出てくる、家庭や個人にまで資本主義が入り込んでいるとの指摘は視座として大事にしたい。と同時に、人間の幸福につながるかというアダム・スミスの問題意識を引用しながら何度も問いかける姿勢にも同感する。

    資本主義は無限の膨張を続ける。資本主義が自分の体内に入ってきたとき、「抗体」的なものを体内にあわせ持たないと、心の均衡を保つのが難しいのではないかと感じた。

  • 東2法経図・6F開架:332.06A/Mi26s//K

  • 中国を政治的資本主義と説明してこの部分がメインとして長く書かれている。植民地から共産主義から資本主義となっていった第三国が説明されているが、日本についての記述は驚くほど少ない。
     また、対処法としては、1 中間層の金融資産と住宅資産を優遇税措置をして、富裕層の相続税の増税、2公教育の予算の増額、3軽い市民税を導入して移民への反対を抑える、4政治献金を制限すること
     と、とても分かりやすい対策である。
     教養として読むには面白いが、卒論として使えるかどうかは不明である。

  • 【内容紹介】二つの資本主義が世界を覆っている。米国に代表されるリベラル能力資本主義と、中国に代表される政治的資本主義だ。この両者がはらむ、不平等の拡大と腐敗の進行という病弊の根本原因を喝破し、欧米の社会科学界を震撼させたベストセラー。

    大阪府立大学図書館OPACへ↓
    https://opac.osakafu-u.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2000953893

  • 21世紀の現在,名目上は共産主義国家も残っているとはいえ,実質的には資本主義しか残っていない。本書では,どんな資本主義体制があるか,そしてそれぞれがどんな特長と問題点を内在しているのか,今現在どうなっているのか,を明らかにしている。学術書の翻訳本ということで読むのは非常に疲れますが,読む価値はあると感じた。
    本書で著者は,「共産主義(革命)」は先進国から遅れた封建主義体制国家を民衆主体の資本主義国家に変更させる役目を担っていた,と主張している。現状の結果を見るとその通り。まさに白眉。大変納得した。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ルクセンブルク所得研究センター上級研究員、ニューヨーク市立大学大学院センター客員大学院教授。ベオグラード大学で博士号を取得後、世界銀行調査部の主任エコノミストを20年間務める。2003-05年にはカーネギー国際平和基金のシニア・アソシエイト。所得分配について、またグローバリゼーションの効果についての方法論的研究、実証的研究を、Economic Journal, Review of Economics and Statisticsなどに多数発表。邦訳書『大不平等』(2017)『不平等について』(2012、以上みすず書房)。

「2021年 『資本主義だけ残った』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブランコ・ミラノヴィッチの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×