はじめて学ぶラテン文学史 (シリーズ・はじめて学ぶ文学史)

著者 :
  • ミネルヴァ書房
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623052530

作品紹介・あらすじ

ギリシア文学の継承者にして、中世近世ヨーロッパ文学の母胎でもあるラテン文学を、叙事詩、抒情詩、喜劇、悲劇、風刺詩、恋愛詩、弁論・修辞学、教訓文学、書簡文学、歴史など、ジャンル・形式別区分けという斬新な視点から現代に甦らせる画期的テキスト。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ヨーロッパの文学を知るには欠かせないラテン文学についての,専門家による入門書。ジャンルに分けて解説されているので見やすいところもある。

  • 面白かった。ギリシアとは違ったよさがあるんですね、ラテン文学。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

中央大学経済学部教授

「2016年 『現代経営戦略の軌跡』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋宏幸の作品

はじめて学ぶラテン文学史 (シリーズ・はじめて学ぶ文学史)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×