ニューディール労働政策と従業員代表制―現代アメリカ労使関係の歴史的前提 (MINERVA人文・社会科学叢書)

  • ミネルヴァ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623052585

作品紹介・あらすじ

本書は、労働組合組織率の低位や従業員参加制度の欠如など、現代米国労使関係の特徴が形成された経緯を、その歴史的な原点に遡って検証している。ここに、ニューディール型労使関係の成立に大きな影響を与えた大量生産型大企業における従業員代表制の30年代における変化とその帰結が解明される。

著者プロフィール

*2014年8月現在関西大学商学部教授、経営学博士

「2014年 『ビジネス・ヒストリー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤健市の作品

ニューディール労働政策と従業員代表制―現代アメリカ労使関係の歴史的前提 (MINERVA人文・社会科学叢書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×