ソーシャルワークの理論と方法〈1〉 (MINERVA社会福祉士養成テキストブック)

  • ミネルヴァ書房
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623053919

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • レポートの関係で1章のみ。
    この後、再びレポートの関係で先を読み進める予定。

    【2017.9】
    第2章から第5章まで読了。
    この本はいろいろな本のエッセンスだからか、とても読みづらい気がする。

    【2018.1】
    第6章読了。
    ここら辺から具体的なソーシャルワークについて述べられているので、5章までよりは若干読みやすいような気もする。

  • いわゆる教科書として読んだなかで、感動したという経験をもったのはこの本がはじめて。相互扶助、おたがいさま、差別しない、どんな状況の、だれもが、いかにして共に生きていくのか、について理論化し体系づける学問としての福祉という分野に救われる思いがした。ただしこれを実践するのが難しいんでしょうね〜人間だもの。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

岩間 伸之(大阪市立大学生活科学研究科教授)

「2017年 『生活困窮者支援で社会を変える』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩間伸之の作品

ソーシャルワークの理論と方法〈1〉 (MINERVA社会福祉士養成テキストブック)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×