智恵なすわざの再生へ―科学の原罪 (シリーズ・ともに生きる科学)

著者 :
  • ミネルヴァ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623066209

作品紹介・あらすじ

私たちは科学のもたらす恩恵のみを信じて、自らの手に余るような技術とつきあっていけるのだろうか。この問いにこたえるためには、思想が生成してくる場、科学の発見や技術開発の現場にまでさかのぼり検証する必要がある。本書では、科学や技術の専門家が具えるべき思考のわざや判断、倫理について考察し、生き物としての人間が、世界と共に生きていく智恵の再生を模索する。

著者プロフィール

特定非営利活動法人パノラマ・理事。臨床心理士。大学院在学中よりひきこもり支援に関わり、若年無業者支援、生活困窮者支援等の現場を経験。生活に困難を抱える女性、若者、子どもの支援を中心に活動している。インクルージョンネットかながわ代表理事などを歴任。著書に、(2017)『シングル女性の貧困――非正規職女性の仕事・暮らしと社会的支援』(明石書店)など。

「2019年 『子どもの貧困と地域の連携・協働』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木晶子の作品

智恵なすわざの再生へ―科学の原罪 (シリーズ・ともに生きる科学)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×