社会的包摂の政治学: 自立と承認をめぐる政治対抗

著者 :
  • ミネルヴァ書房
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623066421

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 社会的包摂をキーワードに最近の福祉国家論を概説したわかりやすい作品。とくにいままでの福祉国家研究の動向がまとまっている。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

中央大学教授。
著書等に、
『福祉財政  福祉+α』
(橘木俊詔・宮本太郎 監修、高端正幸・伊集守直 編集、
ミネルヴァ書房、2018年)、
『新時代からの挑戦状 少親多死社会をどう生きるか』
(金子隆一・村木厚子・宮本太郎 共著、
一般財団法人 厚生労働統計協会、2018年)ほか。



「2019年 『社会のためのデモクラシー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮本太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーブン・ピ...
マルセル モース
アンソニー・B・...
アマルティア・セ...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×