三好長慶:諸人之を仰ぐこと北斗泰山 (ミネルヴァ日本評伝選)

著者 :
  • ミネルヴァ書房
4.17
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623070725

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三好長慶死去までの三好家について。 松永久秀は軍記物での悪評がひどい。

  • 三好長慶の業績や人物を、点在する歴史的書物等から摘み上げて統轄した良書。淡々とした筆致は感情移入の点では善し悪しだが、客観性を保とうとする著者の意志のあらわれでもあろう。この本を読んだ後、43歳で彼が死んでいなかったら戦国の近畿はどうなっていたか、などと想像するのも楽しい。
    (図書館にて借り出し)

  • (信長の野望世代としては)三好長慶と松永久秀の印象がぐっと変わる一冊

  • 室町幕府に挑み続けた勇将、戦乱の天下を治めた生涯とは
    三好長慶(1522〜1564)戦国時代の武将。
    足利将軍を追放して首都京都を制圧した。堺を基盤に近畿・四国で十三か国に勢力を伸ばした長慶の新しい政治政策は織田信長の先駆けとされる。連歌に優れ、文化人としての逸話も多い。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1976年 神戸市生まれ 大阪市立大学大学院文学研究科哲学歴史学専攻後期博士課程修了 博士(文学 大阪市立大学) 関西大学等非常勤講師

「2015年 『増補版 戦国期三好政権の研究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三好長慶:諸人之を仰ぐこと北斗泰山 (ミネルヴァ日本評伝選)のその他の作品

三好長慶 単行本 三好長慶 天野忠幸

天野忠幸の作品

ツイートする