せまりくる「天災」とどう向きあうか

著者 :
制作 : 鎌田浩毅 
  • ミネルヴァ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623075232

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現在 2F展示コーナー配架展示中 ”企画展示:「地震」「防災」”
    【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】 450.98||KA

    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=175045

  • 請求記号 369.3/Ka 31

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1955年、東京生まれ。東京大学理学部地学科卒業。通産省(現・経済産業省)を経て、97年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士。専門は火山学、地球科学、科学コミュニケーション。京大の講義「地球科学入門」は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。火山研究のほか、科学をわかりやすく伝える「科学の伝道師」。96年に日本地質学会論文賞受賞。著書は『地学のツボ』(ちくまプリマー新書)、『火山噴火』(岩波新書)、『富士山噴火』(ブルーバックス)、『マグマの地球科学』(中公新書)、『次に来る自然災害』『資源がわかればエネルギー問題が見える』『火山はすごい』(以上、PHP新書)、『地球は火山がつくった』(岩波ジュニア新書)、『火山と地震の国に暮らす』(岩波書店)、『地震と火山の日本を生きのびる知恵』(メディアファクトリー)、『世界がわかる理系の名著』(文春新書)ほか多数。

「2018年 『座右の古典 今すぐ使える50冊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鎌田浩毅の作品

ツイートする