渡邉洪基:衆智を集むるを第一とす (ミネルヴァ日本評伝選)

著者 :
制作 :   
  • ミネルヴァ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623077144

作品紹介・あらすじ

帝国大学(今日の東京大学)の初代総長であり、民権運動に対する政府の弾圧策として悪名高い「集会条例」の起草者。その一方で、国家学会や統計協会など多くの学会や組織の立ち上げに関わり、「三十六会長」と言われる。本書では、日本の近代化を支える「知」のあり方を追求した明治国家の造形者のひとりとして、渡邉に新たな光を当てる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2020年10月現在
国際日本文化研究センター教授。博士(法学)

「2020年 『「明治」という遺産』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀧井一博の作品

ツイートする
×