タワー:ランドマークから紐解く地域文化 (シリーズ・ニッポン再発見)

著者 :
  • ミネルヴァ書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623077878

作品紹介・あらすじ

日本各地に立つ、見た目も役割も様ざまなタワー。タワーは地域の「ランドマーク」として、その地域の人びとと深く関わってきた。著者によると、ランドマークとは、空間イメージや原風景を形成し、地域アイデンティティを表象するもの。このように定義できるランドマークとして、本書ではタワーのほか高層ビルについても取り上げる。日本のタワーや高層ビルは、いつ・なぜ建てられたのか、誕生の裏側に迫り、それらから見える景色や地域、そして人びととの関わりを見ていく。

著者プロフィール

2016年7月現在高崎経済大学地域政策学部地域政策学科教授

「2016年 『タワー ランドマークから紐解く地域文化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

津川康雄の作品

ツイートする