子どもの貧困・大人の貧困:貧困の悪循環 子ども時代に貧困なら大人になっても? (シリーズ・貧困を考える)

  • 13人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 稲葉茂勝
制作 : 池上 彰 
  • ミネルヴァ書房 (2017年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623079230

作品紹介

日本や世界の子どもの貧困の原因として、貧困の世代間連鎖に着目。貧困によるいじめや教育格差の問題、学校にいけない子どもたちの実態にせまります。わたしたちにできる貧困対策についても考えていきます。

子どもの貧困・大人の貧困:貧困の悪循環 子ども時代に貧困なら大人になっても? (シリーズ・貧困を考える)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【版元】
    池上彰 監修
    稲葉茂勝 著
    ジャンル 教育、社会福祉、社会、児童書
    シリーズ 児童書 > シリーズ・貧困を考える 3
    出版年月日 2017年03月30日
    ISBN 9784623079230
    判型・ページ数 AB・32ページ
    定価 本体1,800円+税

    海外では、貧困で食べる物もなく、住む家もなく……という話をよく聞く。貧困のために子どもが学校にいけない。働かなければならない。そうした状況を貧困だとするならば、日本の子どもの6人に1人が貧困だといわれてもピンとこないだろう。そもそも貧困とは、どういうことなのだろうか。このシリーズでは、巻ごとに異なった視点で世界と日本の貧困について考えている。どの巻にも、世界の国ぐにと日本のようすを記している。第3巻では、日本や世界の子どもの貧困の原因として、貧困の世代間連鎖に着目。貧困によるいじめや教育格差の問題、学校にいけない子どもたちの実態にせまる。私たちにできる貧困対策についても考えていく。

    [シリーズのポイント]
    ◎ 池上彰氏監修、世界と日本の貧困問題について、わかりやすい文章と豊富な写真や資料で多角的に解説。多様な見方を身につけることができる。
    ◎ 1つのテーマを3冊それぞれ「異なった視点」で見せ、シリーズ全体として、「貧困」の全体像をみせる今までにない構成を採用。
    ◎ 「はじめに」で、子どもにも身近な問題として意識をもつことができるように導入。シリーズの構成、視点が明確に書かれていて、貧困への問題意識を広げるのに役立つ。
    http://www.minervashobo.co.jp/book/b269225.html 

    【簡易目次】
    1 日本の子どもの貧困率
    2 日本の貧困家庭と子ども
    コラム●貧困といじめ
    3 日本と世界の教育格差
    コラム●子どもに関する深刻な問題
    4 学校にいけない・いかない
    5 学校にいかないとどうなる
    コラム●義務教育
    6 日本の私立中学受験
    7 学校給食と貧困問題
    8 子どもの貧困問題、わたしたちにできること
    9 決め手は「キャリア教育」!

    用語解説
    さくいん

  • 368.2||I51

全2件中 1 - 2件を表示

稲葉茂勝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
村田 沙耶香
カズオ・イシグロ
トーン テレヘン
アンソニー・B・...
有効な右矢印 無効な右矢印

子どもの貧困・大人の貧困:貧困の悪循環 子ども時代に貧困なら大人になっても? (シリーズ・貧困を考える)はこんな本です

子どもの貧困・大人の貧困:貧困の悪循環 子ども時代に貧困なら大人になっても? (シリーズ・貧困を考える)を本棚に登録しているひと

ツイートする