賀川豊彦の社会福祉実践と思想が韓国に与えた影響とは何か (MINERVA社会福祉叢書)

著者 :
  • ミネルヴァ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623080403

作品紹介・あらすじ

友愛・互助・平和に生涯を捧げ、ノーベル平和賞候補に4度、ノーベル文学賞候補に2度ノミネートされた世界の偉人・賀川豊彦(1888?1960)。シュバイツァー、ガンディーと並ぶ「20世紀三大聖人」と称された彼の活躍は、社会福祉実践家、キリスト教伝道師として、日本にとどまらず世界中にその名が知られている。賀川は日韓併合後の歴史的混乱期に韓国を幾度か訪れており、その際彼が遺した想いは多くの実践家に引き継がれ、現代においても大きな影響を与え続けている。本書では、賀川の思想が韓国の社会福祉実践にどのように伝播し、根付いていったのか、その過程を丁寧に振り返りながら、韓国における賀川思想の影響とその意義に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・開架 369A/I11k//K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2017年4月現在 関西学院大学人間福祉学部社会福祉学会准教授

「2017年 『賀川豊彦の社会福祉実践と思想が韓国に与えた影響とは何か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

賀川豊彦の社会福祉実践と思想が韓国に与えた影響とは何か (MINERVA社会福祉叢書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする