質的アプローチが拓く 「協働型」園内研修をデザインする:保育者が育ち合うツールとしてのKJ法とTEM

  • ミネルヴァ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623083435

作品紹介・あらすじ

みんなが安心して語り合い、ティームワークを高められるような「協働型」園内研修をめざすために、有意義な研修へと導く「7つの習慣」とそのツールとしての質的アプローチを紹介する。本書では質的アプローチの中でも手順がやさしく、机の引き出しの中にあるものではじめられるKJ法とTEMに注目し、具体的な内容や進め方をていねいに解説。保育の振り返りを支え、子ども理解を促す、持続可能な園内研修のあり方を問う。

著者プロフィール

2018年4月現在
宮城学院女子大学教育学部助教

「2018年 『質的アプローチが拓く 「協働型」園内研修をデザインする』 で使われていた紹介文から引用しています。」

境愛一郎の作品

質的アプローチが拓く 「協働型」園内研修をデザインする:保育者が育ち合うツールとしてのKJ法とTEMを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする