新・公共経営論:事例から学ぶ市民社会のカタチ

制作 : 樽見弘紀  服部篤子 
  • ミネルヴァ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623084746

作品紹介・あらすじ

NPO法制定から20有余年、その間の公共経営を振り返り、行政の果たしてきた役割や市民活動、NPOが担う社会課題への取組みなどを紹介。一方で公共経営の新しい姿を、ソーシャルイノベーションの実例や、ソーシャル・インパクト・ボンドなどの新たな資金の流れなどを通して俯瞰する。社会とともに変遷していく公共のカタチを、非営利セクターなどの社会課題解決の担い手たちに焦点を当て、理論と実践を学ぶテキスト。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/538086

  • 東2法経図・6F開架:335.8A/Ta91s//K

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2020年6月現在
北海学園大学法学部教授。日本NPO学会顧問(前会長

「2020年 『新・公共経営論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新・公共経営論:事例から学ぶ市民社会のカタチを本棚に登録しているひと

ツイートする
×