殺戮なきグローバル政治学

  • ミネルヴァ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623085491

作品紹介・あらすじ

「殺人」を問いなおす
「非暴力」「平和」を超えた「非殺人」とは何か……
社会の安寧に向けた、新たな政治学の提唱。

政治学は「人間の性質と社会生活において殺人は不可避」との仮説上に成立しているが、これは疑わしい。社会の安寧を考える際に、単に平和や暴力を超え、人間の生命を奪うこと自体に焦点を当てることが必要である。本書では、あらゆる形態の暴力の源泉と、その維持装置となっている「殺人」から解放する「非殺人」という概念を提唱し、非殺人的なグローバル社会の建設は可能とし、社会における政治学の役割変革も目指す。
(原著 Glenn D. Paige, Nonkilling Global Political Science, Xlibris Corp, 2002.)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/520910

  • 東2法経図・6F開架:311A/P15s//K

  • 原題:Nonkilling Global Political Science, Xlibris Corp, 2002.
    著者:Glenn D. Paige
    酒井 英一 監訳
    岡本 三夫 訳
    大屋 モナ 訳

    【書誌情報】
    ジャンル 政治・法律
    出版年月日 2019年06月30日
    ISBN 9784623085491
    判型・ページ数 4-6・288ページ
    定価 本体4,000円+税

    政治学は「人間の性質と社会生活において殺人は不可避」との仮説上に成立しているが、これは疑わしい。社会の安寧を考える際に、単に平和や暴力を超え、人間の生命を奪うこと自体に焦点を当てることが必要である。本書では、あらゆる形態の暴力の源泉と、その維持装置となっている「殺人」から解放する「非殺人」という概念を提唱し、非殺人的なグローバル社会の建設は可能とし、社会における政治学の役割変革も目指す。

    [ここがポイント]
    ◎ グローバリゼーションに付随する問題(経済格差・生態系破壊や、テロリズム)の世界的拡散を見るときに、本書は示唆に富む。
    ◎ 殺人を根絶可能とし、それが「科学的」であるという学問的姿勢を示す。
    https://www.minervashobo.co.jp/book/b450210.html

    【目次】
    日本語版への序文――「非殺人グローバル政治学」を知らずに用いてきた日本人(武者小路公秀)
    序文――非殺人の政策科学(ジェームズ・A・ロビンソン)
    はじめに
    謝  辞

    第1章 殺戮なき社会
     1 非殺人社会は可能だろうか。もし可能ならば、なぜ可能か。もし不可能ならば、なぜ不可能か
     2 非殺人社会は可能だろうか

    第2章 非殺人社会のための能力
     1 非殺人的な人間の本性
     2 宗教的ルーツ
     3 科学的ルーツ
     4 非殺人能力の出現
     5 社会組織
     6 歴史的源流
     7 非殺人社会のための能力

    第3章 政治学への影響
     1 非殺人政治分析の論理
     2 非殺人行動の原理
     3 非暴力科学革命
     4 政治哲学・理論(Political Philosophy and Theory)
     5 政体研究(Polity Studies)
     6 比較政治論(Comparative Politics)
     7 国際政治論(International Politics)

    第4章 問題解決への影響
     1 非殺人、ヒトラー、そしてホロコースト
     2 非殺人革命と暴力革命
     3 非殺人と安全保障
     4 非殺人と非武装
     5 非殺人と経済的困窮
     6 非殺人の人権と責任
     7 非殺人と環境学的な実現可能性
     8 非殺人と問題解決のための協力

    第5章 制度への影響
     1 非殺人を特徴とする政治学部
     2 大学シャンティ・セーナ(平和部隊)
     3 非殺人を特徴とする大学
     4 非殺人政党
     5 非暴力の公共サービス部門
     6 非殺人の共通安全保障組織
     7 非殺人市民団体
     8 必要な非殺人の研究教育機関

    第6章 非殺人グローバル政治学
     1 死の恐怖からの解放
     2 非殺人能力の主張
     3 政治学への影響
     4 理論と研究
     5 教育と訓練
     6 問題解決
     7 組  織
     8 障害とインスピレーション
     9 地球規模での緊急性

    注釈
    訳者解題 非暴力(nonviolence)から非殺人(nonkilling)へ
    監訳者あとがき
    参考文献
    資 料
    事項索引
    人名索引

全3件中 1 - 3件を表示

酒井英一の作品

殺戮なきグローバル政治学を本棚に登録しているひと

ツイートする
×