ものがつなぐ世界史 (MINERVA世界史叢書 5)

制作 : 桃木至朗  中島秀人 
  • ミネルヴァ書房
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623087778

作品紹介・あらすじ

現代の歴史学において、人・もの・カネ・情報・技術などの動きや交流を切り口として世界史をみるという視点が、もはや主流になりつつあるといっても過言ではない。本書は、「馬」に始まり「ウラニウム」に至るまで、古代から現代にわたって世界史を動かした17の「もの」を取り上げ、それらがいかに世界を結び、どのような影響を及ぼしたかを考察することで、重層的な世界史像を描き出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  馬や帆船から半導体、ウラニウムまで16章。自分には、やはり東アジアが絡む部分に興味を惹かれる。唐三彩を模倣したペルシア三彩や、逆にペルシア陶磁の文様が影響した景徳鎮の青花磁器。13世紀、中国で禁止された銅銭が日本で浸透。16世紀日本での石高制成立には、密貿易縮小や中国での流通貨幣の銀への転換による中国銭途絶が影響。日本(鹿児島の硫黄島)産硫黄が日宋貿易で中国に流入するが、後の14世紀頃以降には朝鮮への流入や琉球での生産、周辺諸地域への火薬・火器技術の伝播・拡散に伴う「硫黄の道」の複雑化。日清・日露戦争以降の日本の満洲進出と大豆の重要性。
     他、ウラニウムは単なる天然鉱物資源の1つとして流通しているわけではなく、時や場所に合わせた政治的意図に従って作り出される「原子力性」、軍事利用と平和利用の間を行き来、という記述が印象的だった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2021年3月現在
大阪大学大学院文学研究科教授

「2021年 『ものがつなぐ世界史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×