どうする日本の福祉政策 (いま社会政策に何ができるか 1)

制作 : 埋橋孝文 
  • ミネルヴァ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623089611

作品紹介・あらすじ

日本の社会的セーフティネットは、?雇用、?社会保険、?生活保護の三層からなる。近年はしかし、雇用では非正規労働者が全労働者数の4割に達しようとしており、年金や医療の社会保険制度のほころびも顕著であり、最後の拠り所でもある生活保護も制度疲労がみられる。本書は、現在の日本の福祉における主要な重要課題を軸に、リアルな現状の把握と、最新の知見をもとに今後を展望する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/536308

  • 東2法経図・6F開架:369.1A/U99d//K

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2020年10月現在
同志社大学社会学部教授,放送大学客員教授

「2020年 『どうする日本の福祉政策』 で使われていた紹介文から引用しています。」

どうする日本の福祉政策 (いま社会政策に何ができるか 1)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×