ジレンマの社会学

制作 : 三隅一人  高野和良 
  • ミネルヴァ書房
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623089772

作品紹介・あらすじ

本書は、私たちが日常的に経験するさまざまな悩みや岐路を足がかりに、そこに潜むジレンマとその解決策を掘り下げながら、社会学の基本的なものの見方や基礎概念を学ぶように編まれている。読者は各章の課題にとりくみ、ジレンマをめぐる課題の奥深さを体感しながら、その解決にともに悩んでほしい。このトレーニングによって、生きる力としての社会学が身につくだろう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人々は、普段の生活、家族、組織、共生の中で様々な悩みや岐路を抱えている。この本は、その中に潜んでいるジレンマとその解決策を掘り下げながら、生きる力としての社会学の基本を読者に理解して身に付けてもらうものである。

    大阪府立大学図書館OPACへ↓
    https://opac.osakafu-u.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2000943154

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/535223

  • 東2法経図・6F開架:361A/Mi55j//K

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2020年10月現在
九州大学大学院比較社会文化研究院教授

「2020年 『ジレンマの社会学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×