初代将軍 徳川家康と家臣たちの名言:戦国の終わりと平和の到来 (知ってる?偉人たちのこんな名言 戦国武将編 3)

著者 :
  • ミネルヴァ書房
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623090037

作品紹介・あらすじ

歴史に残る名言を紹介するシリーズ。「戦国武将編」第3巻では、戦国時代から徳川時代に活躍した、戦国武将の名言を紹介する。徳川家康や秀忠、彼を支えた本多忠勝、井伊直政などを中心に、関ケ原で負けた石田三成・大谷吉継の言葉もとりあげ、いずれも乱世を生きる覚悟があらわれた名言を紹介する。時代を超えていまなお響く深い教えが満載。

[この巻に登場する戦国武将たち]
徳川家康/徳川秀忠/石田三成/島左近/本多忠勝/井伊直政/井伊直孝/本多正信/黒田長政/細川忠興/大谷吉継/直江兼続/前田慶次郎

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 歴史好きのわが子のために図書館で借りて読みました。
    すべてルビがふってあるので小学生でも読めますが、紙面構成が文字ばかりで魅力がなくあまり読み進められませんでした。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

河合敦(かわい あつし)

歴史研究家・歴史作家・多摩大学客員教授、早稲田大学非常勤講師。
一九六五年、東京都生まれ。青山大学文学部史学科卒業。早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学。歴史書籍の執筆、監修のほか、講演やテレビ出演も精力的にこなす。
『早わかり日本史』(日本実業出版社)、『逆転した日本史』、『禁断の江戸史』(小社)、『渋沢栄一と岩崎弥太郎』(幻冬舎新書)など著書多数。初の小説『窮鼠の一矢』(新泉社)を二〇一七年に上梓。

「2021年 『殿様は「明治」をどう生きたのか2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

河合敦の作品

初代将軍 徳川家康と家臣たちの名言:戦国の終わりと平和の到来 (知ってる?偉人たちのこんな名言 戦国武将編 3)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×