推古天皇:遺命に従うのみ 群言を待つべからず (ミネルヴァ日本評伝選 215)

著者 :
  • ミネルヴァ書房
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623090174

作品紹介・あらすじ

推古天皇(554年から628年)初の女性天皇
熾烈な継承争いを主導し、39歳で即位。36年におよぶ治世を通じて、仏法を軸とする国造りを推進し、王権自律化の一歩をすすめたが、その事績の多くは、これまで叔父蘇我馬子や甥厩戸の働きとされてきた。本書では、初の女帝の事績を捉え直すとともに、その実像に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 双系的親族構造から読み解く推古天皇。推古天皇の事績だけでなく、王権が世襲化されていく過程、近親結婚の背景、聖徳太子(厩戸王)の実像、天皇号の成立過程などについてわかりやすく述べられている。

  • 従うべき推古像。
    檜前陵や遺詔の部分はもっと筋道立った議論が可能なようにおもう

  • 東2法経図・6F開架:289/Mi43/215/K

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

帝京大学名誉教授

「2021年 『女帝の古代王権史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

義江明子の作品

ツイートする
×