浦上玉堂:白雲も我が閑適を羨まんか (ミネルヴァ日本評伝選 211)

著者 :
  • ミネルヴァ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623090204

作品紹介・あらすじ

浦上玉堂(1745年から1820年)琴士・詩人・画家
幼少の頃より備中鴨方藩に仕えるも、しだいに文人に憧れ、50歳で武士の身分を捨てて 二人の息子を伴って脱藩。七絃琴をたずさえて、全国各地を遊歴する。晩年は京都で自由な文人として風流な生活を送った。江戸時代の文人画家の最高峰の一人と評される浦上玉堂の魅力に迫る

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:289/Mi43/211/K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

金城学院大学名誉教授

「2020年 『浦上玉堂 白雲も我が閑適を羨まんか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋博巳の作品

浦上玉堂:白雲も我が閑適を羨まんか (ミネルヴァ日本評伝選 211)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×