日本の流行歌:栄枯盛衰の100年、そしてこれから (シリーズ・ニッポン再発見 13)

著者 :
  • ミネルヴァ書房
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623090273

作品紹介・あらすじ

流行歌は時代を映す鏡! 歌とともに時代が見えてくる

本書は「カチューシャの唄」誕生の大正初期にはじまり、ラジオやテレビとともに隆盛を極めた昭和期を経て、退潮となった平成期まで、100年にもおよぶ流行歌の栄枯盛衰の歴史をたどる。はやりうた、演歌、ブルース、軍歌、和製ポップス、ムード歌謡、アイドルポップス。歌詞や曲に戦争や不況などの時代の世相を映し、人々に愛された流行歌の数々を、レコードやテレビ・ラジオ等の音楽業界の変遷とともに、音楽の作り手の視点からていねいに紹介する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2020年11月現在
ポピュラー音楽研究家

「2020年 『日本の流行歌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

生明俊雄の作品

日本の流行歌:栄枯盛衰の100年、そしてこれから (シリーズ・ニッポン再発見 13)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×