グロティウス『戦争と平和の法』の思想史的研究:自然権と理性を行使する者たちの社会 (MINERVA人文・社会科学叢書 249)

著者 :
  • ミネルヴァ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623090877

作品紹介・あらすじ

「国際法の父」として名高いグロティウスの『戦争と平和の法』は、法学の最大の古典である。本書は、従来、主に国際法と国際政治の世界で評価されてきたこの書を、ホッブズに先行する近代的政治・社会思想の先駆的著作として捉え直す。『戦争と平和の法』の構想を、新しい時代を切り開く思想として、個人、国家、国際社会という構成要素との関連の中で読み解くことで、西洋法制史や国際法学はもとより、政治・社会思想史のこれまでの常識に挑戦する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 329||Ya

  • 東2法経図・6F開架:329A/Y46g//K

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2021年6月現在
松山大学法学部特任教授・一橋大学名誉教授

「2021年 『グロティウス『戦争と平和の法』の思想史的研究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山内進の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×