よくわかる政治思想 (やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ)

制作 : 野口雅弘  山本 圭  髙山裕二 
  • ミネルヴァ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623090990

作品紹介・あらすじ

見開き2ページで一項目を解説するわかりやすい構成で政治思想を概説するテキスト。時代順に主な思想家を紹介し、重要なキーワード(テーマ)は個別に解説する。「主権」「ナショナリズム」などオーソドックスなものはもちろん、近年注目を集める「保守・リベラル」「ポピュリズム」「公共性」なども取り上げる。また、「日本」の章を設け、現代にもつながる思想の系譜を示す。政治思想史の大きな流れを把握しつつ、トピックごとに学びを深めることができる必読書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/548140

  • 311||No

  • まとめ方が中途半端過ぎて自分には余り刺さらなかった。。。

  • 東2法経図・6F開架:311.2A/N93y//K

  •  50人以上の政治思想を個別に解説する前半は馴染みのない自分には難解で、キーワードや日本の状況についての後半を主に読む。改めて頭を整理するきっかけになった。ネオリベラリズムは政治的保守と結合することが多いが、一部の中道左派にも浸透。保守・リベラルは混乱しつつも政治的左右の図式と交錯しながら対立を先鋭化。ポピュリズムはデモクラシーの友か敵かという問題について甲論乙駁。エスニック/シヴィック/リベラル・ナショナリズム。
     各筆者は各思想に関しほぼ中立的な立場から紹介しているが、国学については、「漢意を排し、中国の影響を取り除いたら、日本という国家は存立しえない」と、その「根本的矛盾」を指摘している。

  • えらい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

2021年4月現在
成蹊大学法学部教授

「2021年 『よくわかる政治思想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリッヒ・フロ...
ジョン・ロールズ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×