近代文学者たちのロシア:二葉亭四迷・内田魯庵・大庭柯公

著者 :
  • ミネルヴァ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (552ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623091188

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おすすめ資料 第505回 明治・大正期の文学者はロシアに何を見出したのか (2021.11.15)

    ツルゲーネフなどのロシア文学を翻訳し、日本に紹介した二葉亭四迷。

    明治の偉人もまた、東京外国語学校でロシア語を学んだ学生でした。

    二葉亭四迷を筆頭に、「ロシアに対峙した」明治・大正期の3人の文学者の軌跡を明らかにする学術研究書です。


    【神戸市外国語大学 図書館蔵書検索システム(所蔵詳細)へ】
    https://library.kobe-cufs.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BK00280268

    【神戸市外国語大学 図書館Twitterページへ】
    https://twitter.com/KCUFS_lib/status/1460417333730717699

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2021年5月現在
九州大学大学院比較社会文化研究院講師

「2021年 『近代文学者たちのロシア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松枝佳奈の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×