横井小楠:道は用に就くも是ならず (ミネルヴァ日本評伝選218)

著者 :
  • ミネルヴァ書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623091317

作品紹介・あらすじ

横井小楠(1809年から1869年)儒学者。
日本が富国強兵政策に向かい新しい体制を創出しようとする時代にさきがけ、小楠は開国を戦争で苦しむ人々を救うこととして位置づけ、「大義」を世界に向けて実践する道義国家を構想した。平和とは何か、公共とは何か、良心的に生きるとは何か。激動の時代のなかで問い続けた小楠の思想的変遷をたどる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:289/Mi43/218/K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2021年3月現在
びわこ学院大学学長、同志社大学名誉教授

「2021年 『横井小楠 道は用に就くも是ならず』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沖田行司の作品

ツイートする
×