大学教育を再考する:グローバル社会をともに生きるための「教養」

  • ミネルヴァ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623092055

作品紹介・あらすじ

大学の職業訓練学校化、文部科学省による人文社会科学系学問の軽視、教育における消費者主義が席巻している。国内外で起こっている多様な問題に対処するために不可欠な「リベラル・アーツ(liberal arts)」「教養(culture)」がもつ力やそのあり方について、さまざまな分野の研究・教育に取り組む執筆者(社会学、社会政策、教育学、心理学、歴史学、英語教育、日本語教育、キャリア教育、国際協力論、地域研究等)が、大学における教育実践を通じて考える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/547056

  • 377.1||Ma

  • 東2法経図・6F開架:377.1A/Ma81d//K

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

*2021年4月現在
神戸国際大学経済学部 教授

「2021年 『大学教育を再考する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

居神浩の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×