事実性と妥当性―法と民主的法治国家の討議理論にかんする研究〈下〉

制作 : J¨urgen Habermas  河上 倫逸  耳野 健二 
  • 未来社
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784624011635

作品紹介・あらすじ

初期の『公共性の構造転換』、中期の『コミュニケイション的行為の理論』と並ぶ後期の代表作である本書『事実性と妥当性』では、これまでのハーバーマスの政治的公共圏をめぐる社会哲学、討議理論をベースにしたコミュニケーション論を踏まえ、"法"の政治的根拠とその社会実践の関係が法哲学として解明される。事実性と妥当性の緊張関係を主題として、現在の危機に瀕した民主的法治国家のあるべき姿を提示し、混迷を深める世界にあらためて問いかける明察の書。1992年初版へのさまざまな反応への回答を与える「増補版への後記」も収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 公共圏。

全1件中 1 - 1件を表示

ユルゲン・ハーバーマスの作品

事実性と妥当性―法と民主的法治国家の討議理論にかんする研究〈下〉を本棚に登録しているひと

ツイートする