人文学と制度

制作 : 西山 雄二 
  • 未来社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784624011901

作品紹介・あらすじ

メディア・テクノロジーの高度な発展とグローバリゼーションを背景に、古くより制度的実践をくりかえし築き上げられてきた人文学およびその教育・研究制度は大きな変容の時代を迎えている。現実社会・政治経済との関わりのなかで世界の人文学者・哲学者は何を思い、いかなる未来を描いているのか。各国の哲学教育施設を紹介するコラムを併録した充実の論集。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人文学の国際化は優秀な学生を各地から大学に引き付ける結果を生む。地域研究にとって優秀な学生を地域から獲得することは学問の再生産にとって死活問題になる。
    青山学院にはかつて牧師養成のための神学科があったが廃止された。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

人文学と制度を本棚に登録しているひと

ツイートする