永遠回帰の神話 - 祖型と反復

  • 未来社
3.81
  • (6)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 98
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784624100025

作品紹介・あらすじ

付: 参考文献

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 龍の起源より。儀式は世界の創造の反復であること。

  • Le mythe de l'eternel retour (Mircea Eliade/folio essais)のほうを
    読みました。

  • キリスト教史4

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1907年、ルーマニア、ブカレストに生まれる。1928年より3年間、インドに滞在し、ヨーガやタントラを学ぶ。帰国後は、ブカレスト大学で形而上学史などを教える一方で、小説『マイトレイ』を発表し、小説家としても高い評価を得る。第二次世界大戦中は、ロンドン、次いでリスボンでルーマニア公使館の文化担当官として勤務した。第二次世界大戦終結後はフランスに亡命。『宗教学概論』や『永遠回帰の神話』を発表することで、宗教学者として活躍した。1957年よりシカゴ大学に招聘され、翌年、宗教学教授に就任。1986年にシカゴで没。

「2015年 『エリアーデ=クリアーヌ往復書簡 1972-1986』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミルチャ・エリアーデの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
三島由紀夫
ミシェル・フーコ...
ノヴァーリス
ガブリエル ガル...
ウンベルト エー...
ウィトゲンシュタ...
クロード・レヴィ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×