世紀転換期の世界―帝国主義支配の重層構造

  • 未来社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784624111151

作品紹介・あらすじ

本書に所収した論文は、帝国主義研究の新しい問題にとりくんだ長期にわたる共同研究の成果に基づいて、各執筆者がそれぞれの専門領域から実証的な解答をだそうとした努力の所産である。

著者プロフィール

1945年生まれ。東京大学名誉教授、一橋大学名誉教授。専門は日米関係史、国際関係史。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)。著書『戦後世界秩序の形成』(東京大学出版会、1985)、『未完の占領改革』(東京大学出版会、増補新装版、2016)、『好戦の共和国アメリカ』(岩波新書、2008)、『避けられた戦争』(ちくま新書、2020)ほか多数。

「2020年 『ファシズム 警告の書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

油井大三郎の作品

世紀転換期の世界―帝国主義支配の重層構造を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×