21世紀における芸術の役割

制作 : 小林 康夫 
  • 未来社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784624710903

作品紹介・あらすじ

音楽堂でのシンポジウムを舞台に、小林康夫の問題設定のもとに安藤忠雄、中沢新一、鶴岡真弓、池内了、中村桂子、一柳慧、岡崎乾二郎といった各界第一線の識者がこれからの芸術の課題を問う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • OPAC→ http://libopac.josai.ac.jp/opac/opac_details/?bibid=4000004603
    図書館ではこちらの電子ブック版を購入しています。PCから読むことができ、内容の検索等も可能です。ご利用は、学内PCから城西大学図書館のOPAC(蔵書検索システム)で書名で検索→検索結果の[EBOOK]ボタンをクリック!または、図書館HP > 電子ブック > EBSCOhost eBook Collection から検索!EBOOKは他にも購入しています。詳細は、図書館HP > 電子ブック をご覧ください。

  • おもしろいけど机上の空論です
    理想と現実はちがうんじゃないの

  • 第3回科学と芸術の対話と第4回いま、〈過激)を問う 現代芸術の創造的破壊について が面白かった。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする