フレームワークの神話―科学と合理性の擁護 (ポイエーシス叢書)

制作 : M.A.ナッターノ 
  • 未来社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784624932398

作品紹介・あらすじ

本書においてポパーはT・クーンのパラダイム論のような相対主義をフレームワーク(準拠枠)の神話にもとづくものとして批判し、科学の合理性を擁護する。また、ハーバーマスやアドルノのようなフランクフルト学派を批判し、歴史哲学に立ち入り、社会科学の方法を明らかにする。来たるべき二十一世紀へ向けて科学の新たな可能性を探るとともに名著『よりよき世界を求めて』の理論的補完とも言える明解な講演・論文集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2階書架 : 401/POP : 3410162050

  • よい本です。最後の方、ちょっと納得いかない感じもありますが、頭がすっきりする。ある部分が。

全3件中 1 - 3件を表示

カール・R.ポパーの作品

ツイートする
×