南欧怪談三題 (転換期を読む)

  • 未来社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784624934347

作品紹介・あらすじ

『カルメン』で知られるP・メリメや『山猫』のG・T・ランペドゥーザ、A・フランスが織りなす、南欧を舞台にした選りすぐりの怪奇譚を軽妙な文体で訳出した一冊。日本の怪談では味わうことのできない異なる怖さと異様さが満喫できる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 怪談とタイトルにはあるが、おどろおどろしい物語が展開するわけでなく、日本の怪談と違って恐怖は感じない。
    そもそもの感性の違いや宗教観も影響してるんだろうけど、恐怖のモチーフがセイレーンや女神像だったりどこか美しく神秘的だからだと思う。
    魔性というのだろうか、その魅力に取り憑かれた人が生と死の狭間で揺れ動く様はどこか幻想的でもあった。
    怪談とは話がそれるが、この本に収められた話は南欧を舞台にした話であり、ラテン系の登場人物ばかりで、それゆえに女性や性愛についての描写が濃いのには笑ってしまう。
    貝を女性器に例えて熱弁する教授や、男性陣がこぞって絶賛する女神像を嫌悪する女性たちなどなかなかに生々しいところが内容のシリアスさと相まっておもしろおかしい。

  • 「亡者のお彌撤」は舞台を日本に変えてもしっくり来そうな怪談話。「ヰギヱの女神」は「石の夢」の導入部がこの怪談ネタを使っていたのを思い出した。いずれも怪談話というよりは怪異譚。気楽にそこそこ面白い。

  • 請求記号:908.3/Tom
    資料ID:50064814
    配架場所:図書館1階西 学生選書コーナー

  • なかなか面白かったので、機会があったらメリメなんてきちんと読み直してみたい。

全5件中 1 - 5件を表示

プロスペルメリメの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
鹿島田 真希
サーシャ・ソコロ...
小川 洋子
ジョージ・ソーン...
赤坂 憲雄
ロベルト ボラー...
ショーン・タン
フェルディナント...
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×