漢代思想論: 桜邑文稿2 (桜邑文稿 2)

著者 :
  • 明治書院
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784625464041

作品紹介・あらすじ

堀池信夫著作集全3巻の2。漢代の思想を様々な観点から考察する。「桜邑」は研究拠点筑波大学が茨城県新治郡桜村にあったことにちなむ。

著者プロフィール

筑波大学名誉教授、日本学術会議連携会員。東京教育大学大学院博士課程(中国古典学)単位取得退学。主著に『漢魏思想史研究』(明治書院)、『中国哲学とヨーロッパの哲学者 上・下』(明治書院)、『新釈漢文大系六十三 易経 下』(明治書院)、『中国イスラーム哲学の形成』(人文書院)など。

「2021年 『新釈漢文大系 63 易経 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀池信夫の作品

漢代思想論: 桜邑文稿2 (桜邑文稿 2)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×