• Amazon.co.jp ・本 (458ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784625510649

作品紹介・あらすじ

芭蕉の発句は、連句と並んでその文学活動の主軸である。既にこの分野では、岩田九郎博士の『諸注評釈芭蕉俳句大成』の如き厖大な諸注集成が完成しているが、それから四半世紀を経て、新資料や新見の注目すべきものも少くない。さきに『芭蕉連句抄』を一応完成し、芭蕉の全連句を注し終ったので、次の仕事として芭蕉の全発句の注釈を志した次第である。

阿部正美の作品

芭蕉発句全講〈1〉を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする