韓非子 (新書漢文大系 13)

著者 :
制作 : 篠田 幸夫 
  • 明治書院
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784625663222

作品紹介・あらすじ

『韓非子』は、富国強兵の唯一の道として「法術」を説いた、法家思想の集大成書である。「法」とは法律のことで明文化して人民に周知徹底させること。「術」とは君主が手の内を見抜かれないように臣下を統制することである。こうした「法術」の体系化こそが韓非子の思想の中核をなしている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 始皇帝時代らへんの中国思想の人、韓非子

    読んだ中では、

    「皆自ら為にするの心の挟めばなり」

    「治を知らざる者は必ず曰く、民の心を得よと」

    が、印象的。

    賞罰を持って国を治める、どちらかと言えば厳格な国家運営の君主論ですね。

全1件中 1 - 1件を表示

竹内照夫の作品

韓非子 (新書漢文大系 13)を本棚に登録しているひと

ツイートする